新着情報

当院の院内感染阻止に対する取り組み

当院では、日本国内で新型コロナウイルス感染が確認されてから、この感染症への対策を強化してきました。十分な感染対策を実施することで、患者の皆さんに安心して治療に専念できる入院および外来環境を提供しています。


入院環境と手術に対する安全性確保のため、また院内感染の防止の観点から、当院では新型コロナウイルスに対して可能な限りの方策を講じています。




■当院での新型コロナウイルスに対する取り組み


  • ・入院患者さんへのご面会はご遠慮頂いています

  • ・待合室での3密を避けるため、座席の間隔を工夫しています

  • ・全職員に毎朝検温とマスク着用の義務化、手指消毒の徹底を計っています

  • ・院内環境を安全に保つために、椅子や手すり、トイレ等の消毒を徹底しています

  • ・発熱のある患者さんと一般の患者さんの診察のための導線を分離しています

  • ・手術を受けて頂く患者さんには、新型コロナウイルス感染による手術合併症を避ける目的で、肺炎確認のために入院時の胸部CT検査を実施しています

  • ・さらに全身麻酔による気管内挿管を必要とする患者さんには、入院前にウイルスチェックを行い、安全を確認したうえで手術を実施しています



■発熱や息苦しさ、強いだるさの症状がある患者さんへのお願い


  • ・診療を希望される場合は、必ず事前に電話相談のうえご来院ください
  •  
  • 夕診の時間帯は対応していません。直接来院いただいても翌日の対応になりますのでご注意ください



■当院の感染予防に関する取り組み


・入退館出入り口の制限

1階玄関からの出入りを規制し、ウォークインの来院は2階玄関から、自動車での来院は地下駐車場出入口に限定して検温チェックを実施しています



・入館者の検温、マスク着用のお願い

2階、地下入口で入館の際には職員を問わず、全員の方にマスク着用をお願いしています。またすべての患者さんの検温チェックを行い、発熱のある方は別診で対応しています



・カウンターの飛沫対策

受付カウンターでは対面による飛沫感染予防のため、フィルムや衝立を設置しています



・待合いイスの間隔確保

外来の待合椅子は1席ずつ利用できない席を設け、3密防止のため間隔を空けています