概要

医療安全管理部は医療の安全と信頼を高めるため、病院全体が組織として、様々な情報を収集調査分析を行い、体系的に安全対策を立案し、職員に教育研修を行い実行することで、医療事故を未然に防ぎ、「より良い、より安全な医療」を提供できるように活動している部署です。関西医科大学の医療安全管理センターの指揮下のもとに、各附属病院の医療安全管理部と情報を共有し緊密な連携を図っています。

【写真】医療安全推進週間:毎年11月には職員から応募したポスターを院内に掲示し医療安全に対する意識を高めています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当院は関西医科大学の附属病院として、2010年に開院しました。地域に根ざした大学病院として、患者さまから信頼される医療安全管理体制を確立する責務があります。人の命と健康とをお預かりしている医療従事者一人ひとりが「危機意識」を持ち、患者さま主役の医療を徹底することが私どもの使命です。「あたりまえのことをきちんとする」を基本理念として、安心と安全をお約束できる病院とするために努めて参ります。

医療安全管理部長 廣原 淳子

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

医療安全管理部は、患者さま優先の医療を徹底し、「人間は誤りを犯すものである」との「危機意識」をもって活動しています。病院全体が組織として、調査分析を行い、具体的対策を立てて、これを職員に教育啓発し、実行することによって、医療事故を未然に防ぎ、患者さまにより良い、より安全な医療が提供できるよう最大の努力を傾注しています。さらに診療に関する諸記録の正確な記載を推進し、医療情報の安全管理を徹底します。医療安全管理のための組織づくりや、速やかな院内報告制度の強化、患者さまの医療内容についての相談窓口の充実、カルテ開示などの医療情報の適正化、職員への定期的研修会の開催等はそのための施策です。今後も医療事故を防止し、発生しにくいシステムを院内に構築し、医療の安全確保と質の向上に邁進していきます。

【写真】私立医科大学病院相互ラウンド:私立医科大学の付属病院では相互訪問し医療安全活動を評価しています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさんへ

閉じる