概要

常勤医師数:15名(日本内科学会指導医11名・総合内科専門医5名・認定内科医12名、消化器病学会専門医5名、消化器内視鏡学会専門医5名、消化管学会胃腸科専門医1名、肝臓学会専門医3名、循環器学会専門医4名、腎臓学会専門医1名、透析専門医2名、糖尿病学会専門医2名、血液学会専門医1名、臨床腫瘍学会指導医1名、がん薬物療法専門医1名、がん治療認定医1名)

次のような症状を扱っています

慢性腎臓病(CKD)、急性腎炎、高血圧、腎不全、心筋症、心不全、痛風(高尿酸血症)、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)、不整脈、閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)、慢性腎炎、1型糖尿病、2型糖尿病、内頸動脈狭窄症、脳梗塞、徐脈性不整脈(ペースメーカを要する疾患)、感染性心内膜炎、腎盂腎炎、血尿、脂質異常症、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、胆石症(胆嚢・胆管・肝内結石症)、C型肝炎、胃ポリープ、胃がん、肝硬変、逆流性食道炎、急性膵炎、ヘリコバクター・ピロリ感染症、胃十二指腸潰瘍、大腸がん、大腸ポリープ、脂肪肝、クローン病、潰瘍性大腸炎、B型肝炎、慢性膵炎、機能性胃腸症・機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、非代償性肝硬変症による末期肝不全、大腸憩室、A型肝炎、E型肝炎、アルコール性肝障害、ウイルソン病、肝血管腫、肝性脳症、感染性腸炎、肝囊胞、肝膿瘍、急性肝炎、虚血性大腸炎、結腸軸捻転症、好酸球性胃腸炎、消化管カルチノイド、体質性黄疸、大腸憩室炎、大腸ポリポーシス、腸管ベーチェット、嚢胞性膵疾患、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、腹水、ヘモクロマトーシス、薬剤性大腸炎、薬物性肝障害、バセドウ病、原発性アルドステロン症、甲状腺機能低下症、甲状腺腫(良性)、慢性甲状腺炎、間質性肺炎、気管支喘息、血管炎、リウマチ性多発筋痛症、認知症、頭痛、敗血症、サルコペニア、肥満症、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

 内科は、病院理念である「地域に根ざした地域とともに歩む病院」に基づき地域の医療機関から多くの紹介を受けております。外来は、大学病院の専門外来とは1線を画し、一般内科外来として運営しています。夕方診療では、月曜日から金曜日の17時から19時まで診療を受け付け、働く方々にも利用しやすい医療を提供します。また、内科外来受診後に、より専門性の高い検査や治療が必要であると診断されましたら、関西医科大学附属病院または総合医療センターへの転院もスムーズに行えます。さらに、退院後には関医訪問看護ステーション・香里や地域の医療機関と連携し、自宅での療養生活を支援いたします。関西医科大学附属3病院や地域の医療機関との連携を生かし、これからも地域の方々に信頼される総合内科を目指します。

診療部長 教授 高山 康夫

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

香里病院の内科では、関西医科大学の内科学各講座から幅広く医師を受け入れ、あらゆる内科疾患に対応します。専門性に裏付けされた総合的な内科診療を行います。また、関西医科大学の附属病院の一つとして、必要に応じて附属病院や関西医科大学総合医療センターとも連携をとりながら治療を進めてまいります。糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病に対して総合的に取り組みます。また、透析療法、LDL吸着療法、二重膜濾過法、血球成分除去療法など、幅広く血液浄化療法を行います。このほか、消化器の疾患に関しては、慢性肝疾患の診断と治療、低侵襲な内視鏡による検査と治療を積極的に行ってまいります。

 

内科で扱う主な疾患

 

・ 循環器疾患(高血圧症、不整脈、心不全など)

・ 腎臓疾患(腎炎、ネフローゼ、慢性腎不全など)

・ 内分泌代謝疾患(甲状腺疾患、糖尿病など)

・ 肝臓疾患(ウイルス性肝炎、脂肪肝、肝硬変など)

・ 消化管疾患(食道・胃・大腸疾患など)

・ 胆膵疾患(胆石、膵炎など)

・ 血液疾患

関連している診療支援部門

担当している特殊外来

  • 心臓高血圧外来

  • ペースメーカー外来

  • 腎高血圧外来

  • 腎糖尿病外来

  • 消化器外来

  • 大腸外来

  • 肝臓外来
  • 血液外来

  • 呼吸器外来(夕診)

  • 神経内科(夕診)

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2017年版)

外来患者延数60,960人/年
入院患者数1,662人/年
病床稼働率(内科病床数70床)88.0%

手術・検査実績

内視鏡検査・治療実績(2017年度)内視鏡部HPリンク
肝臓疾患検査・治療実績(2017年度)肝臓外来リンク
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
高山 康夫 高山 康夫 教授
部長
循環器
高血圧
糖尿病
日本内科学会内科指導医・認定医
日本循環器学会循環器専門医
日本高血圧学会指導医
廣原 淳子 廣原 淳子 教授
部長
消化器
肝臓
日本内科学会内科指導医・専門医・認定医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本東洋医学会漢方専門医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本医師会産業医

髙橋 延行 髙橋 延行 教授
部長
腎臓
透析
循環器
糖尿病
日本内科学会内科指導医・専門医・認定医
日本循環器学会循環器専門医
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本透析医学会透析専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本糖尿病学会研修指導医
大宮 美香 大宮 美香 講師 消化器 日本内科学会内科指導医・認定医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
宮地 理彦 宮地 理彦 講師 血液 日本内科学会内科指導医・認定医
日本血液学会血液専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
がん薬物療法専門医
段原 直行 段原 直行 講師 消化器 日本内科学会内科指導医・専門医・認定医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化管学会胃腸科指導医・専門医・認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
居原田 善司 居原田 善司 講師 循環器
吉田 衣江 吉田 衣江 講師 循環器
腎臓
日本内科学会内科指導医・専門医・認定医
日本超音波医学会超音波専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本透析医学会透析専門医
栗島 亜希子 栗島 亜希子 助教 消化器 日本内科学会内科指導医・認定医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本肝臓学会専門医
中山 新士 中山 新士 助教 消化器 日本内科学会内科指導医・認定医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医  
日本肝臓学会専門医
土手 絹子 土手 絹子 助教 循環器
腎臓
日本内科学会内科指導医・認定医
日本循環器学会循環器専門医
日本医師会産業医
辻 みゆき 辻 みゆき 助教 糖尿病
腎臓
日本内科学会内科指導医・専門医・認定医
日本糖尿病学会専門医
日本医師会産業医
細田 修司 細田 修司 助教 消化器 日本内科学会認定医
金 宏美 金 宏美 任期付助教 糖尿病
佐々木 啓志 佐々木 啓志 任期付助教 糖尿病
腎臓
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 再診=再診担当医
  土(第2、4を除く)
午前 一般外来
高山 康夫※
細田 修司
心臓高血圧外来
居原田 善司
腎糖尿病外来
吉田 衣江
消化器外来
栗島 亜希子
血液外来
宮地 理彦
一般外来
廣原 淳子※
段原 直行
吉田 衣江
土手 絹子
大腸外来
大宮 美香
腎糖尿病外来
髙橋 延行※
一般外来
髙橋 延行※
金 宏美
肝臓外来
廣原 淳子※
消化器外来
中山 新士
心臓高血圧外来
高山 康夫※
腎高血圧外来
土手 絹子
一般外来
廣原 淳子※
大宮 美香
中山 新士
金 宏美 (第1・3・5週)
佐々木 啓志 (第2・4週)
腎糖尿病外来
辻 みゆき
血液外来
宮地 理彦
一般外来
高山 康夫※
居原田 善司
栗島 亜希子
辻 みゆき
佐々木 啓志
消化器外来
段原 直行
一般外来
宮地 理彦
ローテーション:1
ローテーション:2
ローテーション:3
ペースメーカー外来
午後





  土(第2、4を除く)
夕診 一般外来
竹尾 元裕
居原田 善司
細田 修司
一般外来
高山 康夫※ (第2・4週)
宮地 理彦 (第1・3・5週)
段原 直行
土手 絹子
吉田 進
神経内科
中村 正孝
呼吸器外来
金田 浩由紀 (第1・3・5週)
中野 隆仁 (第2・4週)
一般外来
髙橋 延行※ (第2・4週)
吉田 衣江 (第1・3・5週)
廣原 淳子※ (第2・4週)
大宮 美香 (第2・4週)
福原 貴太郎

村川 絋介
呼吸器外科
石浦 嘉久
一般外来
栗島 亜希子
西村 久美子 (第1・3・5週)
高橋 一久
佐々木 啓志
一般外来
尾形 誠
中山 新士
奥野 良樹
辻 みゆき
金 宏美

※=部医長
閉じる

ページの先頭へ