関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター

テレビ等出演情報

2017.6.29 朝日放送「キャスト」
様々な事象の裏側に迫るコーナー「オフレコ」において4月1日から本学附属病院で運用が開始された“ドクターカー”が取り上げられ、救急医学講座中嶋麻里助教の活動に取材班が密着。ドクターカー導入のメリットが紹介されるとともに、中嶋助教らの活躍が放送されました。
2017.6.10 毎日放送「医のココロ」
シリーズ「月経の異常」において産科学・婦人科学講座岡田英孝教授が出演。“月経周期の異常”をテーマに、生活の変化や過度のダイエットなど月経周期が乱れる原因やその悪影響、治療法を解説しました。
2017.6.8 朝日放送「キャスト」
何気ない日常の疑問を解き明かすコーナー「なんでやねん!?」で“もの忘れ”が取り上げられ、生理学第一講座小原圭吾講師が出演。記憶のメカニズムや音楽を活用して上手に記憶を引き出す方法、「光遺伝学」などの最新の脳科学研究について解説しました。
2017.5.31 テレビ大阪「ニュースリアル」
4月1日に設置された附属病院アレルギーセンターが取り上げられ、アレルギー疾患に対する最新の考え方や、乳幼児期からできるアレルギー疾患の予防アプローチなどについて、皮膚科学講座神戸直智准教授のコメントが放送されました。また、アレルギー対策について耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座小林良樹講師、小児科学講座畑埜泰子助教のコメントが紹介されました。
2017.2.16 読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
先天性巨大色素性母斑の、新たな治療法として保険適用が認められた自家培養表皮移植手術が紹介され、初の保険適用例となった患者さんとその執刀医・形成外科学講座森本尚樹准教授が登場。診察の様子や手術風景とあわせて、森本准教授のコメントが放送されました。
2017.2.2 NHK 関西テレビ 読売テレビ
2月2日に解体中の総合医療センター旧本館で行われた災害訓練の模様が放映され、救助隊が壁を壊して傷病者を救出する様子や総合医療センター救命救急センター中森靖部長のコメントなどが紹介されました。
2016.12.9 毎日放送
乳児のアレルギー発症率抑制に成功した国立成育医療研究センターの研究結果について、小児科学講座谷内昇一郎准教授が自身の見解を示しました。研究結果を治療に活用するメリットの説明とあわせて、必ず医師の指導のもとで行うよう注意を促すコメントが放送されました。
2016.12.4 テレビ東京「話題の医学」
整形外科学講座長谷公隆診療教授が出演し、「脳卒中リハビリテーション支援ロボット」というテーマで、脳卒中リハビリテーションの流れ、リハビリテーション・ロボットの種類や機能、効果、本学附属病院におけるロボットを用いたリハビリテーションなどについて説明しました。
2016.11.26 読売テレビ「おはよう!ドクター」
“胃がんの腹腔鏡手術”が取り上げられ、外科学講座井上健太郎准教授が出演。胃がんの早期発見の重要性について説明しました。また、シミュレーションセンターで同准教授が学生に指導する様子も放映されました。
2016.11.14 TBS「ひるおび!」
11月13日(日)日本経済新聞朝刊に掲載された“季節性情動障害”の記事が取り上げられ、精神神経科学講座木下利彦教授による、症例の多い地域などに関するコメントが紹介されました。
2016.11.13 NHK「ニュース7」ほか
虐待が原因で医療機関での治療が終わった後も入院を続ける“子どもの社会的入院”の問題が取り上げられ、大阪府小児科医会において調査グループの代表を務めた小児科学講座石崎優子准教授が取材を受けました。その中で、当事象に関して「全国的調査をして対策を検討する必要がある」とコメントしました。
2016.9.12 テレビ東京「主治医の見つかる診療所」
「危険な場ちがい脂肪から身を守る方法」を紹介するコーナーに健康科学教室木村穣教授がVTR出演し、筋肉が脂肪に置き換わって歩けなくなることもある“サルコペニア肥満”について解説しました。また、附属病院健康科学センターで治療に取り組む患者さんの、トレーニングの様子が紹介されました。
2016.9.5 NHK「京いちにち」 KBS京都「newsフェイス」ほか
本学と関西圏の7公私立医科大学・医学部が、WHO健康開発総合センターと高齢社会の医療に関する共同研究ワーキンググループを結成したことが紹介され、9月5日(月)京都府立医科大学で行われた共同記者会見の様子が放映されました。
2016.7.28 日本テレビ「news every.」
「every.キーワード」のコーナーにおいてあせもや皮膚炎など“夏の肌トラブル”が 取り上げられ、総合医療センター皮膚科清原隆宏診療部長(皮膚科学講座准教授)が推奨する日光による皮膚炎の予防法が紹介、解説されました。
2016.6.28 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
「治る!最前線」のコーナーに耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也准教授がVTR出演しました。患者数が200万人にも及ぶとされる副鼻腔炎のなかでも近年症例が増えつつある“好酸球性副鼻腔炎”について、疾患の概要と最新の治療法を紹介しました。
2016.6.10 朝日放送「おはようコールABC」
乳がんと闘病中であることが公表されたフリーアナウンサーの話題が取り上げられ、総合医療センター乳腺外科山本大悟教授(外科学講座准教授)の病状に関する考察が紹介されました。また、「30代の乳がん検診にはマンモグラフィと超音波検査の併用が望ましい」とのコメントが放送されました。
2016.5.16 TBS「ひるおび!」
「飛び出す新聞バン!」のコーナーにおいて、5/14(土)日本経済新聞朝刊に掲載された健康科学センター木村穣センター長のインタビューに基づく記事が取り上げられました。
2016.5.10 朝日放送「おはよう朝日です」
「けさのクローズアップ」において“心臓の突然死”が取り上げられ、附属病院健康科学センター木村穣センター長が出演。虚血性心不全と不整脈を中心に、その種類や生活習慣との関連性、危険な兆候などを解説しました。
2016.4.5 朝日放送「おはよう朝日です」
「けさのクローズアップ」内の『突然死を読み解く』特集に、附属病院健康科学センター木村穣センター長がVTR出演。大阪・梅田で発生した突然死による交通事故を受けて、突然死の三大要因(心臓・脳・大動脈)と、その兆候について解説しました。また、予防のために、塩分摂取量のコントロールや適度な運動を心がけるようコメントしました。
2016.3.19 読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」
附属滝井病院救命救急センター池田俊一郎助教が、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕・起訴され保釈中の元プロ野球選手に関するニュースの解説者としてスタジオ出演し、薬物依存症患者の治療法である集団認知行動療法や条件反射制御法について説明しました。
2016.3.18 読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
附属滝井病院救命救急センター池田俊一郎助教がスタジオ出演し、元プロ野球選手が覚せい剤取締法違反の罪で逮捕・起訴された事件について、覚せい剤が身体や脳に与える影響、覚せい剤依存症の治療と支援のあり方などを解説・コメントしました。
2016.2.12 NHK「ニュースほっと関西」
“花粉症”をテーマとしたコーナーに、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也准教授がVTR出演。家庭でできる花粉症対策や、花粉症とインフルエンザに同時に罹患する可能性、その症状についてコメントしました。
2016.2.6 読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」
附属滝井病院海外渡航者医療センター西山利正センター長(公衆衛生学講座教授)がVTRおよびスタジオ出演し、感染拡大が懸念されるジカ熱について渡航医学・熱帯医学の専門家としてコメントしました。また、日本でジカ熱に感染した疑いのある患者が出た場合、滝井病院海外渡航者医療センターが受け入れ施設となることも紹介されました。
2016.2.6 読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」
附属滝井病院精神神経科池田俊一郎助教がスタジオ出演し、元プロ野球選手が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された事件について、薬物依存症患者などを診療する医師の立場から、解説・コメントしました。
2016.1.18 ABC朝日放送「キャスト」
附属枚方病院高度救命救急センター丸山修平医師(救急医学講座研究員)が密着取材を受け、災害訓練に臨む様子や「第一回南大阪メディカルラリー選手権」(2015年12月13日開催)で所属チームが優勝したことなどが紹介されました。また、先輩医師として同センター中嶋麻里助教が取材を受け、丸山医師を指導する様子や、月に二回ドクターヘリに搭乗していることなどが紹介されました。
2016.1.15 NHK
大阪府が始めた自殺行為を繰り返す未遂者のサポート制度と、府の委託を受けて附属滝井病院に「大阪府自殺未遂者支援センター」が設置されたことが報道され、「一人でも多くの命を救いたい」との救急医学講座中森靖准教授のコメントが放送されました。
※その他毎日放送、朝日放送などでも同内容のニュースが放送されました。
2015.11.20 関西テレビ「ゆうがたLIVE ワンダー」
ダイエットが特集され、健康科学教室木村穣教授の「(ダイエットを続ける上で大切なのは)○日までに△kg痩せる、と目標を“決めないこと”」とのコメントが紹介されました。
2015.11.14 NHK Eテレ「チョイス@病気になったとき」
「まとめスペシャル 注意したい目の病気」に眼科学講座髙橋寛二教授が出演。加齢黄斑変性や網膜はく離について解説した過去の同番組が再放送されました。
2015.9.2 NHKラジオ第一放送「関西ラジオワイド」
「季節の健康」に眼科学講座山田晴彦准教授が出演。「糖尿病網膜症—最近の治療法」をテーマに、症状や発症原因、新しく認可された抗VEGF療法とそのデメリット、対処法などを解説しました。
2015.8.1 朝日放送「おはよう朝日・土曜日です」
健康科学教室木村穣教授が出演しました。熱中症から引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞など、高温多湿な季節における中高年の健康リスクについて司会者からの質問に回答し、リスクの実態と発症を防ぐ方法などを解説しました。
2015.7.29 ABCラジオ「おはようパーソナリティ 道上洋三です」
健康科学教室木村穣教授が出演し、真夏の中高年男性の健康への注意点についてコメントしました。
2015.6.7 NHK Eテレ「バリバラ」
「【生放送】アナタならどうする?職場編」に精神神経科学講座齊藤幸子助教がVTR出演し、うつ病で休職していた部下が職場に復帰した後、再び調子を崩した際の上司の接し方について、力動精神医学的な観点から解説しました。
2015.6.6 毎日放送「医のココロ」
眼科学講座髙橋寛二教授が出演し、白内障が起こる原因や発症した際の見え方を映像化し、点眼薬や手術など症状に応じた治療法を紹介しました。また、番組の最後には「50歳になったら健診を受けましょう」と呼びかけました。
2015.4.7 毎日放送「ちちんぷいぷい」
「石田ジャーナル—食物アレルギー対策の最前線—」において、専門家の指導で普及が進む“経口免疫療法”により「アレルギーは治せる時代に入ったといっても過言ではありません」との小児科学講座谷内昇一郎准教授のコメントが紹介されました。
2015.3.14 NHK-Eテレ「チョイス@病気になったとき」
「モノがゆがんで見えるとき」に眼科学講座髙橋寛二教授がスペシャルチョイスアドバイザーとして出演。失明を引き起こす加齢黄斑変性の原因や症状、簡単なチェック法、最も有効な治療法とされる抗VEGF薬注射、予防法などを解説しました。
2015.2.1 読売テレビ「おはよう!ドクター」
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也准教授が出演し、「国民病・花粉症の最前線」と題して、花粉症の症状やどういう人に症状が出やすいかを解説。さらに予防法と最新の治療法である舌下免疫療法について紹介しました。
2015.1.23 NHK大阪放送局「NEWSテラスKANSAI」
「特集花粉症対策最新事情」のコーナーに耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也准教授が出演。昨年から保険適用となった舌下免疫療法について「症状を抑える・薬の量が少なくて済む等の効果が期待できるので、気長に頑張れる人にお勧め」とコメントしました。
2014.11.28 読売テレビ「かんさい情報ネットten」
「カラクリ解明」のコーナーに、健康科学教室木村穣教授(附属枚方病院健康科学センター長)が出演し、1日の身体活動の70%は日常の生活活動が占めており、そのほとんどが歩くことだと解説。ダイエットの秘訣について、特別なことをしなくても歩行の質と量を高めることが重要であり、近道だとコメントしました。
2014.11.19 NHK「ためしてガッテン」
「1200万人!目の現代病 危険な目ヤニ発見ワザ」の回に出演した眼科学講座髙橋寛二教授が、加齢黄斑変性について解説。その前兆や症状、発症のメカニズムから早期発見のポイント、予防法と最新の治療法までを紹介しました。
2014.9.19 ABC朝日放送「キャスト」
附属枚方病院救急医学科の尾上敦規任期付助教(専修医)と村津有紗任期付助教(専修医)への取材内容が放映されました。4月に入局した二人が高度救命救急センターのスタッフとして加わり、新人救命医として奮闘する姿が紹介されました。
2014.6.16 読売テレビ「News ZERO」
理化学研究所・小保方晴子ユニットリーダーが作ったとされるSTAP細胞がES細胞である可能性を報じたコーナーで、病理学第一講座上野博夫教授の提供したES細胞の画像が使用されました。
2014.4.20 読売テレビ「真相報道バンキシャ」
STAP細胞の問題を検証するコーナーに病理学第一講座上野博夫教授が出演し、その可能性について「振り出しに戻った」との感想を述べました。
2014.3.18 読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也講師が出演し、舌下免疫療法の手段として、舌の下に置いたパンにスギ花粉エキスを染みこませることで体をスギ花粉に慣らしていく方法を紹介しました。
2014.3.6 毎日放送「VOICE」
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也講師が出演し、花粉症治療として、杉などのアレルギー物質のエキスを摂取する舌下免疫療法は、注射と異なり自宅でできるため負担が少ないと説明しました。
2014.2.28 読売テレビ「かんさい情報ネットten」
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座の朝子幹也講師が出演し、花粉症に対する舌下免疫療法は十分な効果が出ると体質が改善され、根治できる可能性があると説明しました。
2014.2.4 ABC朝日放送「キャスト」
健康科学教室木村穣教授(附属枚方病院健康科学センター長)が出演しました。冬場はとかく外出が億劫となり運動不足に陥りやすいことから、自宅でできる簡単な運動のひとつである「腰掛タップダンス」について、その効用を説明しました。
2014.1.21 ABC朝日放送「キャスト」
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也講師が出演し、年々ひどくなる花粉症事情とその治療において最近注目を集めており、家庭で簡単に取り組むことも可能な舌下免疫療法について説明しました。
2014.1.9 ABC朝日放送「おはよう朝日です」
健康科学教室木村穣教授(附属枚方病院健康科学センター長)が出演しました。冬場に多発するヒートショックについて、実際に発生しやすい風呂場での状況や、原因となる身体のメカニズムと、部屋の温度差をなくすことや身体はゆっくり暖めるなどの予防方法について説明しました。
2014.1.8 テレビ大阪「なにしよ」
健康科学教室木村穣教授(附属枚方病院健康科学センター長)が出演しました。睡眠不足が健康や美容に及ぼす悪影響と、その解消方法および上手で正しい睡眠の取り方について、出演者の悩みに答える形式で説明しました。
  

前ページへ戻る

このページのトップへ