関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
医学部

健康科学

名称

医学部 健康科学教室

大学院医学研究科 医科学専攻 代謝機能制御系 健康科学

教室・講座作成のwebサイトへ

教室紹介(医学部)

   健康科学科は、医学部教養系科目として2009年にそれまでの体育科より健康科学として開設されました。従来の体育としての体力理論、実習から、さらに医学生として必要な健康分野に関する知識、実習を行い、専門的知識、思考を目指すあたらしい領域です。
   講義としては、喫煙や肥満などの生活習慣、スポーツ医学、運動処方、運動生理、トレーニング理論、障害予防、スポーツ救急などがあります。実習として運動時の生体反応、トレーニング実習、テーピング実習、スポーツ実習などがあります。また実際に自分の体力を様々な方法で測定し、自分の健康、競技力向上のための運動処方、トレーニングメニューの作成も行います。秋には淀川河川敷持久走で医学生として必要な体力養成も行います。

研究紹介(大学院)

   当科は、運動、心理、栄養、スポーツ医学(整形、循環器)と健康関連を多面的に研究しています。健康関連領域としては循環動態、代謝、骨格筋機能、動脈硬化、抗加齢医学、脳機能など多岐にわたります。また臨床医学を実践するための行動医学、ITによる日常での連続生体機能評価、行動介入プログラムの研究開発も行っています。臨床データは、附属病院健康科学センターや関連施設で横断的、縦断的に検証が可能です。
   最終的にはこれらのシーズを駆使して、費用対効果の得られる介入システムの構築や、専門医療機関と地域医療、フィットネス施設、行政等との連携、ビジネスモデルを研究開発し、世界初の健康ビジネスMBAコースの開設も目指しています。
   社会人枠では仕事と研究の両立が可能です。入学条件としてBMI25未満、非喫煙者があるのでご留意下さい。

教育担当分野

1年生;健康科学(講義、実習)
           スポーツ医学セミナーI・II
           生涯スポーツセミナー

3年生;配属実習(スポーツ医学実習)

研究テーマ(大学院)

  1. 循環動態、代謝性因子による運動効果の研究
  2. 認知行動療法、食行動科学による肥満の研究
  3. 筋代謝による代謝、動脈硬化機序の解明
  4. 遠隔介入による行動変容効果の研究
  5. 医療情報共有システムによる生活習慣病介入効果の研究
最新の研究成果、研究テーマは” こちらから ”

研究業績

連絡先

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 健康科学教室
電話 072-804-2334(内線2280)

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ