関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
医学部

内科学第二

名称

医学部 内科学第二講座
---------------------------------------------------------
大学院医学研究科 医科学専攻 代謝機能制御系 循環器・腎・内分泌代謝内科
---------------------------------------------------------
大学院医学研究科 先端医療学専攻 修復医療応用系 血管再生治療学

教室・講座作成のwebサイトへ

講座紹介(医学部)

内科学第二講座は1940年に内科学第一講座より分離独立し、現在は循環器・腎・内分泌・代謝疾患を対象としている。即ち、メタボリック症候群から急性冠症候群、慢性腎臓病、高血圧、重症糖尿病まで、現代病全てを包括する講座である。
循環器病部門では1978年にいち早くCCUを開設し、現在では附属滝井病院・枚方病院で心臓集中治療センターを運営し、年間1500例を越える心臓救急患者の治療を行っている。心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術のみならず、重症不整脈に対するカテーテルアブレーション治療や重症心不全患者に対する両心室ペーシング治療も行っている。画像診断も年間4000例を超える心臓超音波検査、年間1000例以上のRI検査、多列化CTを用いた冠動脈CT検査やMRI検査により、疾患の早期発見・適確な治療方針の決定を行い、地域の中核病院としての重責を果たしている。
内分泌・代謝部門では1000人を越える糖尿病患者の診療をはじめ、I-131を用いたバセドウ病に対するアイソトープ治療も行っている。
腎・高血圧部門では、近年増加の一途をたどっている慢性腎臓病患者に対する腎保護対策とともに、急性腎障害、慢性腎障害に対する腎生検を行い、エビデンスに基づく医療を行っている。

研究紹介(大学院)

循環器・腎・内分泌代謝内科学

臨床で生じた疑問を具象化し、背景を理解し、目的を明らかとしたうえで、結論を臨床に回帰できることを目的に臨床研究を中心に行っている。
近年の研究テーマは、冠動脈硬化に与える腎障害の影響、冠動脈造影時の造影剤による腎機能障害への影響、心筋SPECTの適正利用による患者被ばくの軽減と実用的な患者リスク層別化、冠動脈石灰化と心筋虚血の関連、心エコーによる左室拡張能の評価、腎炎の発症・進展機序におけるMCP-1の役割の検討、甲状腺ホルモン代謝に重要な酵素であるiodothyronine deiodinseの研究、難治性糖尿病性神経症に対する糖化蛋白の研究、骨髄細胞移植による糖尿病血管合併症治療の研究、甲状腺疾患の心血管系に及ぼす影響など多くの研究課題に携わり、我国はもとより、欧米での論文発表、学会発表に精力的に取り組んでいる。
今後も教室が一丸となって、人間性豊かで独創性があり国際的にも通用する臨床医、研究者の育成をめざしたいと考えている。

------------------------------------------------------------
血管再生治療学

幹細胞療法は重症心不全に対するひとつの有望な治療方法である。我々は今回、増殖能、分化能が非常に高い細胞「Mesoangioblast」を開心術中の患者血中から発見し、現在、臨床応用を目標に海外施設を含めた多施設間で研究を継続している。
また、昨今、冠危険因子を有する患者群ではこれらの循環血中の前駆細胞数が減少していることやその細胞の機能が低下していることが報告されている。さらに最近では、その前駆細胞数の減少が将来の心事故発生に関連することが報告されており、当教室では特に「糖尿病と循環血中の前駆細胞との関係」に着目し研究を行っている。
当教室では「potentialの高い前駆細胞の発見」と「冠危険因子を有する患者群における前駆細胞数・機能の改善」を研究の柱とし、心血管病変の発症予防・進展抑制~不全心の修復まで幅広い分野への臨床応用を目指し幹細胞研究を行っている。

教育担当分野

内科学(循環器、内分泌・代謝)

研究テーマ(大学院)

循環器・腎・内分泌代謝内科学

  1. 心不全の循環動態の実験的研究
  2. 虚血性心疾患の分子生物学的研究
  3. 虚血性心疾患における冠循環動態の臨床的研究
  4. 心疾患の運動療法に関する臨床的研究
  5. 高血圧、動脈硬化の成因に関する臨床的研究 -とくに分子生物学的内分泌学アプローチ-
  6. 先天性腎性尿崩症の遺伝子解析と発症に関する分子生物学的研究
  7. バセドウ病の病因に関する研究 -とくに甲状腺異常刺激物質を中心に-
  8. 糖尿病性腎症の成因に関する研究 -とくにglycosylateb proteinを中心に-
  9. 老化と内分泌機能の関係 -老化制御の液性因子-
  10. diabetic cardiomyopathyに関する研究
  11. サイロキシン脱ヨード酵素のgene expression
  12. 血管平滑筋のカテコラミン受容体geneの転写
  13. 妊娠と甲状腺機能
  14. 血液透析と血液浄化法に関する研究
  15. 腎疾患

------------------------------------------------------------
血管再生治療学
 

  1. 心筋、 血管再生医学
  2. 糖尿病性末梢神経障害への細胞移植治療

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 内科学第二講座
電話 072-804-2756,072-804-2457(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2045

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ