関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
医学部

腎泌尿器外科学

名称

医学部 腎泌尿器外科学講座

教室・講座作成のwebサイトへ

講座紹介

泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱などの尿路、精巣や前立腺などの男性生殖器、そして副腎などの疾患を、主に手術で治療する、外科系の臨床部門です。泌尿器科では古くから内視鏡手術が開発され、現在では、全手術の約半数は尿路内視鏡手術で行われています。1990年以降は腹腔鏡手術も開発され、泌尿器科は、外科系の臨床科の中でも低侵襲治療を最も推進してきた科といえるでしょう。
   私たち関西医科大学腎泌尿器外科は、我が国で最も早く腹腔鏡手術を始めた泌尿器科の一つで、泌尿器腹腔鏡技術認定医を13名擁し、附属病院、総合医療センターともに、現在ではほとんどの手術を腹腔鏡で行っています。また、附属病院にはダ・ビンチSiを導入し、ロボット補助下前立腺全摘術年間100例以上実施するとともに腎部分切除術も行っています。研究でも、泌尿器腹腔鏡手術の開発とその有用性の検証、腹腔鏡手術、ロボット手術、尿路内視鏡手術の技術評価、ナビゲーションやシミュレーションの開発などに精力的に取り組んでいます。
   腎泌尿器外科では、癌や結石のほかに、男性不妊症、男性更年期障害、性機能障害(ED)、性適合障害など、男性科学というべき領域、副腎腫瘍、腹圧性尿失禁や性器脱などの女性泌尿器疾患も診断、治療しています。尿路性器癌に関する無作為化試験を含む様々な臨床研究、副腎腫瘍についての基礎的臨床的研究、男性科学についての基礎的、臨床的研究を行っています。
   さらに、腎移植も積極的に実施しており、病院の腎センターで腎臓内科や健康科学センター、看護部などと連携し、質の高い診療と、サルコペニアをはじめとする先端的臨床研究を行っています。
   私たち関西医科大学腎泌尿器外科は、泌尿器内視鏡手術の基礎研究を中心として、さまざまな臨床研究を行うとともに、若手泌尿器科研究者の育成にも全力を挙げています。

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 腎泌尿器外科学講座
電話 教授室 072-804-2765(ダイヤルイン)
研究室 072-804-2086(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2068

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ