関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
医学部

救急医学

名称

医学部 救急医学講座

教室・講座作成のwebサイトへ

講座紹介

私たちの救急医学講座は、平成24年4月に発足した学内でもっとも新しい講座です。前身は、昭和54年に附属滝井病院に救命救急センターを発足した救急医学科の学問集団であり、若い講座でありながらも長い伝統と研究業績を有しています。現在では、診療部門として附属枚方高度救命救急センター、附属滝井病院の救命救急センターを擁し、重度外傷やショック、中枢神経系損傷、急性冠疾患、急性呼吸不全、腹部救急、広範囲熱傷、中毒、重症感染症や、心停止後の脳蘇生など多岐にわたる重症救急病態を対象とした研究を展開しています。わが国の救命救急医療は、戦後の高度経済成長期の社会問題に対応する形で誕生しました。交通事故や労働災害で生じる重度多発外傷、ガス自殺などによる一酸化炭素中毒など、従来の診療科専門領域の枠をはずれる外因を対象とし、その中からとりわけ重篤な症例を集めて診療したのです。初期には、もっぱらこれら外因例を対象として救急医学の学問体系が形成されました。その後、徐々に対象を呼吸不全や循環不全を伴う重症疾病(内因)に拡げると、行政側が、内因・外因を問わず重症傷病を専門に診療する基幹施設を「救命救急センター」として指定し、各地に設置するようになりました。現在の救命救急センターでは、あらゆる年代の重症救急例を24時間受入れて、高度医療を提供する体制が必須であり、救命救急医と院内各診療科の専門医が、個々の重症救急例の病状・病態に応じて、臨機応変に診療チームを形成することが重要です。このため、傷病そのものの病因・病態研究に加え、救急外来、集中治療室にいたる救命診療の過程での救急専門医、各科専門医、看護師、放射線技師など多職種のチーム診療やワークフローのあり方、そしてその教育法も重要な研究対象となっています。また、スマートフォンとICカードを用いた電子トリアージシステムの開発などの災害医学研究や、ステーション方式で展開するドクターカーシステムなど、病院前(現場から病院まで)救急システムの研究にも取り組んでいます。このように、臨床医学分野はもちろん、自然科学の領域から制度設計を含む社会医学の分野まで、急性期医療全般を対象とする幅広い研究と、研究者の育成を行っています。

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 救急医学講座
電話 教授室 072-804-2483
  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ