関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
医学部

呼吸器外科学

名称

医学部 呼吸器外科学講座
---------------------------------------------------------
大学院医学研究科 医科学専攻 呼吸器外科学

教室・講座作成のwebサイトへ

講座紹介(医学部)

1956年に関西医科大学に胸部心臓血管外科講座が開設され、60年間にわたって心臓血管外科と呼吸器外科の領域について診療・教育・研究を行ってきたが、呼吸器外科領域で対応すべき肺がんなどの増加に対応し、2016年5月から呼吸器外科学講座が開設された。また2006年以降、附属病院(旧附属枚方病院)のみで呼吸器外科診療科を行ってきたが、2016年5月から総合医療センター(旧附属滝井病院)でも呼吸器外科診療科を開設し、より多くの地域医療に貢献できる体制となった。
呼吸器外科では、現在年間250例前後の呼吸器外科手術を行っており、原発性肺癌を中心に悪性縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、自然気胸などを主な対象として手術治療を行っている。原発性肺癌は,地域医師会と協力し市民検診による早期発見例が増加しており,治療成績は年を追って向上している.当院は、肺癌診断に関してPET-CTなど優れた医療機器が装備されており、気管支鏡検査は呼吸器内科と合同で検査・interventionを行っている。2015年より完全胸腔鏡下手術を導入した。早期肺癌に対しては胸腔鏡による低侵襲手術を行い、進行肺癌では呼吸器内科、放射線科と協力し、抗癌剤治療・分子標的治療および放射線治療を加えた集学的治療を積極的に行い予後の改善に努めている。2015年の手術総数は258例で、このうち、呼吸器外科手術の中心をなす原発性肺癌手術例は129例であった。

研究紹介(大学院)

呼吸器外科は肺癌の外科治療を中心として、呼吸器内科グループ、放射線科、病態検査科病理部門と研究グループを作り、協力して研究活動を行っている。
呼吸器外科では、
1) 原発性肺癌に関する免疫組織学的研究
2) 原発性肺癌手術時とくに左右下葉切除術、肺全摘除術後の気管支断端治癒促進に関する臨床的研究
3) 肺移植時の拒絶反応に関する臨床的研究
4) 肺腺癌における癌幹細胞の同定とその臨床的意義の検討
5) 複数の腫瘍マーカーを統合的に用いた肺癌診断の研究
6) 生体吸収性気管ステントの開発とその臨床応用の研究
などを行い発表してきた。

また、肺移植に関する研究をカナダ・トロント大学胸部外科の協力のもとに行っており、2012年からShaf Keshavjee教授は本学の客員教授となり当講座との研究環境はより近密となった。2016年6月現在、当講座大学院生がKeshavjee教授指導のもと、XVIVO systemを用いた肺移植後・閉塞性細気管支炎の予防的治療戦略の構築の研究に携わっている。

教育担当分野

呼吸器外科学

研究テーマ(大学院)

1. 肺移植に関する基礎的研究(トロント大学との共同研究)
2. 肺癌に関する基礎的研究および臨床病理的研究
3. 胸腺上皮性腫瘍に関する基礎的研究および臨床病理的研究
4. 嚢胞性肺疾患に関する臨床病理的研究
5. 転移性肺腫瘍に関する臨床病理的研究

研究業績

■連絡先
〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 呼吸器外科学講座
電話 教授室 072-804-0119

  • 前の講座へ
  • 講座一覧へ
  • 次の講座へ