関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
新着情報

世界初の機構を持つ2ルームCTを、総合医療センターに導入

 本学総合医療センター(守口市、病院長・岩坂壽二)救命救急センター(救急医学講座診療教授・中森靖)は、7/4(火)から東芝メディカルシステムズ株式会社(栃木県大田原市、社長・瀧口登志夫)と共同で開発した世界初の標準CT組合せ型IVR-CTを導入し、2ルームHybrid Emergency Room(ER)の稼働を開始しました。

 これまでのHybrid ERは、術中にCTを使用しない場面でCT架台を部屋の隅に移動させ、待機させておくだけでした。が、今回開発した「標準CT組合せ型IVR-CT」では、CT架台を別室へ移動させ、CT寝台と組み合わせることでCT装置単体として稼動させることが可能です。CT架台をスライドさせながら行う撮影ではなく、天板が移動して撮影するモードを備えることで、通常CTと全く同じ検査を実現しました。

 これにより、高度救命医療の追求と限られた医療資源の有効活用という、相反する救急現場のニーズに応える新たなソリューションが、救命救急医療の発展に寄与するものと期待されます。


※本件プレスリリースは、こちらをクリックしてご確認ください。