関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
新着情報

大学院講座第736講開催のお知らせ

大学院講座第736講開催のお知らせ

大学院講座第735講を下記により開催いたしますので、奮ってご参加ください。


日 時 : 平成29年4月1日(土)16:00~
場 所 : 枚方学舎1階 加多乃講堂
題 目 : アレルギー性疾患対策の現状と戦略
講 師 : 斎藤 博久 先生(国立成育医療研究センター 副研究所長)
司 会 : 金子 一成 教授(小児科学講座)

(大学院生への教育効果)
  アレルギーは、約2人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っており国民病と認識されています。食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患は、幅広い年齢層に分布し、それぞれ合併することもあるため、多くの診療科にまたがっています。

 また、食物アレルギーなどでは、原因となる物質を究明することが困難な症例もあります。そのような背景があり、アレルギーセンターなどの施設整備と総合アレルギー科医の育成が社会的に急務となっています。

 そこで、今回、国立成育医療研究センター副研究所長の斎藤博久先生(日本アレルギー学会理事長)にご講演をいただきます。斎藤博久先生は、小児食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の診断と治療をされているだけでなく、疫病研究・臨床研究・基礎研究の手法を駆使して解明し、これらの疾患に対する有効な予防・治療および診断法の開発研究を行なっており、国内外で高く評価されています。

 横断的にまたがるアレルギー性疾患を克服するための最新の知見を知ることは、大変有益ですので是非聴講してください。