MENU

教職員 2017年7月11日

大学院講座第738講開催のお知らせ

大学院講座第738講を下記により開催いたしますので、奮ってご参加ください。

               記

日 時 : 平成29年7月18日(火)16:30~
場 所 : 枚方学舎4階 中会議室
題 目 : Treatment of locally advanced pancreatic cancer
講 師 : Marco Del Chiaro MD, PhD, FACS
(Associate Professor of Surgery,Head:Pancreatic Surgery Unit
Division of Surgery,Department of Clinical Science,
Intervention and Technology(CLINTEC) Karolinska Institutet at
Center for Digestive Diseases Karolinska University Hospital)

司 会 :里井 壯平 准教授(外科学講座)

(大学院生への教育効果)
 膵臓癌は5年生存率が5%程度の最難治癌であり、その克服は21世紀の課題と目されていて、
現在世界で大いに研究が進んでいる癌腫のひとつです。膵臓癌の中でも局所進行膵癌は、
唯一の根治治療である外科切除を施行可能な患者が少なく、その多くは切除不能である事から、
化学療法や化学放射線療法を併用した上で根治切除を目指す集学的治療の確立が期待されています。
また、局所進行膵臓の外科切除に際しては、血管合併切除や他臓器合併切除が必要な場合が多く、
洗練された高度な技術が要求されます。
 Associate Professor Marco Del Chiaroは、European Guideline of Cystic Tumor of Pancreasの
外科セクションのチーフであり、数多くの膵臓癌手術経験数を有し、世界規模の多施設共同研究を
数多く遂行している世界的に著名な膵臓外科医です。膵臓癌の診断基準、治療法、新規知見を
解説していただき、診療の現状と今後の課題を明らかにすることにより、難治癌の新たな
Translational researchのシーズが発掘されることも期待され、大変有益ですので
是非聴講してください。

 以 上

ページの先頭へ