関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
学校案内

学校長あいさつ

看護師を目指す皆さんへ

学校長 楠本 健司

 本校は、昭和7年に大阪女子高等医学専門学校附属看護婦養成所として開設、昭和59年に関西医科大学附属看護専門学校と改称されました。平成7年からは、医療専門課程看護学科として「専門士」を輩出し、卒業生は母体の附属病院、近畿地区のみならず全国の医療機関・教育機関、海外などで貢献しています。
医療の進歩と社会の変化、価値観の多様化に伴い、医療は日々進化し、看護師に求められるのは、先進医療から在宅医療に至る幅広い知識や技術と、特定の分野では卓越した専門的能力です。そのすべてにおいて医療安全を最優先に判断し行動すること、高い倫理観とコミュニケーション能力、優しさと思いやりの心が不可欠です。そのようなニーズに応えるため、本校では、医科大学と一体となった教育環境を提供し、最先端の医療を学ぶ体制が整っています。専門分野の講義には、臨床の医師、看護師、チーム医療を担うメンバーも加わり、臨地実習では多くの先輩に指導を受けます。優しさと厳しさを持ち合わせた責任感のある看護師、的確な判断と正確な援助が提供できる看護師、自主的に学び自律した看護師になるために必要なカリキュラムを準備しています。そして、入学後は、看護の道を選択した自覚と誇りをもって、皆さん一人ひとりが自分に磨きをかけ学びあうことで、願いは叶うものと確信しています。
「共に目指してみませんか。命と向き合うナースという尊い仕事」。愛と、夢と、希望をのせて、看護師になりたいと願う皆さんが、看護師になるまでの3年間を本校教職員一同が心をひとつにして支えます。

このページのトップへ