看護部長のご挨拶

Manager's message
トップ > 採用メッセージ > 看護部長のご挨拶
image
附属病院 看護部長 島村 里香
 関西医科大学附属病院は大阪府に7つある特定機能病院のひとつであり、がん診療連携拠点病院、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、災害拠点病院など、多くの役割を担う北河内二次医療圏の中核病院です。そうした環境の下で看護部が目指しているのは、患者さんの些細な変化にも対応できる「気づき」の眼を持った看護師の育成。患者さんの尊厳を守り、安全で質の高い看護を提供するためにも、倫理観や実践力を身につけるだけでなく、チーム医療の場面でも看護師一人ひとりが自分の考えを伝え、互いの「気づき」を尊重した良好なチームワークを築ける看護部であることが私たちの目標です。また、認定・専門看護師に加え、特定行為研修修了看護師を活用し、患者さんの回復の促進、重篤化の予防によって急性期から在宅、地域へスムーズにつながるようなベッドサイドケアの強化も推進しています。もちろん、そのための教育体制も拡充。大学病院ならではの研修システムや施設を活かすことで、看護師一人ひとりの成長を病院全体で応援しています。
看護部の理念
看護部の理念は、「患者さんの意思を尊重し、心のかよい合う創造的で質の高い看護を提供する」こと。職場にはみんなで支え合い、一人ひとりが目標に向かっていきいきと頑張れる環境があります。夢を実現するために一緒に頑張りましょう。
病院についてみる

image
総合医療センター看護部長 / 認定看護管理者 谷田 由紀子
 関西医科大学総合医療センターは病院理念「慈仁(めぐみ)を心の鏡とした患者さん本位の病院」を実現するため、地域の患者さんに向けて、質の高いリエゾン精神医療を積極的にお届けしています。そして、私たち看護部では「大切なひとを受診させたい病院へ」を合言葉に、安心・安全で、あたたかい看護をお届けできる看護師でありつづけることを目標にしています。そのために、卒後臨床研修センターや、関西医科大学3病院で統一されたクリニカルラダーシステムなど、大学病院ならではの充実した教育システムを活用。ここで働く看護師が根拠に基づく知識を身につけられるよう、丁寧にサポートしています。変化が激しく、これまでの常識が次々と覆される時代になってきました。さまざまな価値観が生まれ、多様性のある社会へと進んでいく今、病院で働く私たちもまた、ダイバーシティを持った組織へと変革していくことが大切。新しい時代、これから看護師になる個性豊かな皆さんが、あふれる才能と若さを大いに発揮してくれることを期待しています。
看護部の理念
「心に響きあう、温かい看護を提供する」ことが、当院看護部の理念。この理念を実践するため、職場はいつも笑顔でいっぱい。そして、一人ひとりが総合医療センターの看護師であることに誇りとやり甲斐を感じながら毎日の仕事に取り組んでいます。
病院についてみる

image
香里病院看護部長 / 認定看護管理者 安本 マリ
 「地域に根ざした大学病院」として、地域住民の方々に安心して最新の医療を受けていただく。そのために香里病院では患者さんが住み慣れた環境で、少しでも長く生活できるように支援するシステムをこれまで以上に構築していきたいと考えています。たとえば外来から始まる入退院支援と外来看護の充実。また、関西医科大学附属病院をはじめ、関医訪問看護ステーション・香里や関医デイケアセンター・香里といったグループ間の連携を深めることで、地域医療により積極的に貢献していく予定です。さらに、超少子高齢化や在宅医療が加速していくこれからは、看護師も病院の中だけにとどまらず地域へ積極的に出て、看護を提供していくことが求められます。寝屋川市唯一の大学病院と市民病院的役割という2つの顔を持つ私たちは、そんな時代に活躍できる看護師を育成していくという大切な役割も担っています。だからこそ一般急性期病院としての教育に加え、訪問看護ステーションとのローテーションも展開。ここ香里病院で私たちと一緒に新しい時代の看護師として成長していきませんか?
看護部の理念
看護部の理念は「地域に根ざした患者さん中心の温かく思いやりのある看護を提供する」こと。そのためにまず、それぞれの看護師がいきいきと楽しく看護に取り組める環境づくりを心がけています。
病院についてみるh
Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.