看護部長のご挨拶

Manager's message
トップ > 採用メッセージ > 看護部長のご挨拶
image
附属病院 看護部長 島村 里香
一人ひとりの人生を輝かせられる病院です。
関西医科大学附属病院看護部は慈仁(めぐみ)を心の鏡とし、「患者さんの意思を尊重し、心の通い合う創造的で質の高い看護を提供する」を理念に掲げています。そしてそれを実現するために「Sincerity(誠実な心)」で患者さんとご家族に「Mildly(温かく)」寄り添った安心安全な看護を行うこと、常に新しい知識・技能を高め「Innovation(看護の刷新)」に努めること、看護職として「Life-giving(活き活き)」と輝きつづけ、「Expert(エキスパートとして最良の看護)」を行うこと。これらの頭文字を合わせた「SMILE」という言葉を基本方針として大切にしています。
教育面では充実したシミュレーションセンターを利用しながら、高度医療を提供するに相応しい看護師を育成。臨床は看護学生の教育機関としての歴史も長く、学生を温かく見守る風土が定着しています。また、男性看護師の活躍も本院ならではの特徴。男性看護師会「HERO」を中心に各看護師のスキルアップや、市民講座の開講などに取り組んでいます。新人、ベテラン、男性、女性。これからもすべての看護師がスキルを磨き、それぞれの得意分野で輝きを増し、温かい看護を提供できる病院でありたいと思っています。
看護部の理念
看護部の理念は、「患者さんの意思を尊重し、心のかよい合う創造的で質の高い看護を提供する」こと。職場にはみんなで支え合い、一人ひとりが目標に向かっていきいきと頑張れる環境があります。夢を実現するために一緒に頑張りましょう。
病院についてみる

image
総合医療センター看護部長 / 認定看護管理者 谷田 由紀子
新しく生まれ変わった職場で、プロフェッショナルな看護を。
2016年5月、関西医科大学附属滝井病院は「関西医科大学総合医療センター」として大きく生まれ変わりました。新しい現場ではこれまでと同じように「心の響きあう、温かい看護」を理念に一人ひとりが笑顔で「安全・安心な医療を提供できる」だけでなく、精神リエゾンチームをはじめとしたチーム医療の強化、看護外来などを受け持つスペシャリストの育成などに、より一層力を入れています。また、今後はますます高齢者の患者さんが増加していきます。その中で認知症看護の充実は欠かすことができないテーマ。認知症を抱えていながらでも急性期の治療に専念し、早く地域に帰れる看護を提供することも、これからの私たちの使命ではないでしょうか。
そして「家族を入院をさせたい」と思ってもらえるような病院となるために、そうした専門技術を高める努力をつづけていきたいと考えています。病院のリニューアルにあたっては、院内保育園の受け入れ数を大幅に拡充しました。出産、育児をしながらでも看護師をつづけられるなど、福利厚生の充実も魅力のひとつだと思います。
看護部の理念
「心に響きあう、温かい看護を提供する」ことが、当院看護部の理念。この理念を実践するため、職場はいつも笑顔でいっぱい。そして、一人ひとりが総合医療センターの看護師であることに誇りとやり甲斐を感じながら毎日の仕事に取り組んでいます。
病院についてみる

image
香里病院看護部長 / 認定看護管理者 安本 マリ
少子高齢社会に地域の皆さんの元気を支える香里病院。
最新の設備と技術を駆使して地域の医療に貢献するとともに、多様化するニーズに対応できるケアを目指します。
 香里病院は寝屋川市の再開発地区に位置する8階建て・199床の一般急性期病院。「かほりまち」という地名にちなみ、病棟のカラーはローズ、バジル、ラベンダー、カモミールといったハーブの名前が付けられています。4階庭園にはハーブや色とりどりの草花が咲いており、入院患者さんやご家族・お見舞いの方々の憩いの場となっています。「慈仁心鏡を礎に地域とともに歩む病院」という理念のもと、関連する超急性期病院と連携し、地域住民の方々に信頼され、安心して治療を受けていただけるよう、また、少子高齢化の中で独居、老老介護で不安な思いをされている方には2016年4月にオープンした訪問看護ステーションと協働し、サポートできるよう取り組んでいます。
病院と訪問看護ステーション間でのローテーション研修も実施しており、急性期から在宅まで、どの領域においても看護を学ぶことができる教育プログラムが整備されています。専門職として一歩を踏み出すときが、当院のように幅広い視野を持ち、それぞれに高い教育が受けられる場所であってほしいと願います。看護師としても、人生の先輩としても素晴らしい仲間と一緒に働きませんか?
看護部の理念
看護部の理念は「地域に根ざした患者さん中心の、温かく思いやりのある看護を提供する」こと。そのためにまず、それぞれの看護師がいきいきと楽しく看護に取り組める環境づくりを心がけています。
病院についてみるh
Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.