在宅看護専門看護師

Career nurse
トップ > 仕事を知る > 専門・認定看護師 INDEX > 在宅看護専門看護師
在宅看護専門看護師

附属病院 地域医療連携部 1995年入職

ニーズはますます増える中、
人材は不足している領域。

在宅看護の専門看護師として「患者さんがどんな生き方をしたいのか一緒に考えること」「患者さんが善く生きることを応援すること」「退院後の生活を見据えて、必要な社会資源に連携していくこと」を目標に、地域医療と病院のつなぎ役を務めています。専門看護師になるには休職して大学院に通わなければならず、収入は大きく減りましたが、今となってはその時期が人生でいちばん充実していた気がします。これまでは急性期の現場しか知らなかったので、訪問看護の実際を見れたこともいい経験に。この領域の専門資格はまだ歴史が浅く、人材も不足しています。高齢化が進むこれから先、地域医療との連携は増えていくことに間違いはないので、仲間を増やしていくことにも力を入れていきたいと思っています。
在宅看護専門看護師

地域医療チームの力を信じ、
患者さんとご家族の希望を。

余命数ヶ月となり、在宅移行を勧められた患者さんとご家族がいました。当初患者さんの奥さまは「私も一緒に死にます」と言うほどのパニック状態。しかし、ご家族の思いを聞きながら在宅医療の体制を整え、実際にご自宅での時間がはじまると、在宅医や訪問看護師たちの力もあって「家で大丈夫」と胸を張れるまでに。患者さんが亡くなられた後には、「バタバタとしたけれど、体制を整えてもらったおかげでいい最期を送れました」という言葉までいただけました。それを聞いたとき、ご家族がどうしたいかを叶えるために調整できた成果かな、とうれしい気持ちに。毎日の業務ではいつも手探りの連続ですが、これからも地域医療チームの力を信じ、患者さんとご家族の希望を叶えるお手伝いをしていきたいですね。

先輩からのメッセージをもっと見る

専門・認定看護師からのメッセージをもっと見る

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.