教育担当者

Education leader
トップ > 仕事を知る > 先輩看護師 INDEX > 教育担当者
教育担当者

総合医療センター 5B病棟 2006年入職

マニュアルだけでなく
心を大切にできる看護師を。

コミュニケーションを大切に、新人、シスター、実地指導者がそれぞれの役割を達成できるようにサポートしています。知識や技術だけでなく、心の込もったケアをできる看護師がどんどん育って欲しいですね。理想の教育担当者として思い浮かぶのは、私自身が新人の頃に担当してくださった方。いつも冷静で医師の診療の補助をしながら、看護師として患者さんをしっかりとケア。それでいてユーモアがあり、スタッフも患者さんも穏やかな気持ちになれる看護師でした。業務が立て込むとどうしても自分に集中しがちですが、そんなときこそその方の姿を思い出し、周囲に心を配れる教育担当者になれるように頑張っています。
教育担当者

自分自身が興味のある
分野へのチャレンジも諦めずに。

入職後1年目から3年目までの定期的な研修だけでなく、実地指導者や臨地実習指導者、教育担当者など、キャリアと役割に応じた教育が整っているので、看護師として着実にステップアップしていけます。教育担当者としての任期は1年が基本なので、来年以降は脳外科で働く中で少しずつ興味を持つようになってきたリハビリテーションの分野の勉強に力を入れようと思っています。看護師である私ができる範囲で、患者さんの機能を高めていけるよう、院内・院外の研修に積極的に参加していきたいですね。

先輩からのメッセージをもっと見る

専門・認定看護師からのメッセージをもっと見る

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.