実地指導者

Field leader
トップ > 仕事を知る > 先輩看護師 INDEX > 実地指導者
実地指導者

総合医療センター 4S病棟 2012年入職

時に厳しく、
でも声には耳を傾けて。

間違いは間違い、と厳しく接することもありますが、実地指導者としてまずは新人の意見を聞くことを心がけています。その際は頷きや相づちといったコーチングスキルを使用するなど、話しやすい環境がつくれるように工夫。また、すぐに答えを教えないようにし、新人看護師が自分自身で考える時間を持つようにもしています。自分の力で考え、自分の看護を実践できる。新人看護師にとって働きやすいだけでなく、働きがいのある職場にしていきたいと思っています。
実地指導者

私の声で患者さんを笑顔に。
そんな看護師を目指しています。

看護師になって一番嬉しかったのは、患者さんから「あなたの声を聞くと、頑張ろうって元気が出てくる」と言ってもらえたこと。私自身が患者さん一人ひとりとどう向き合うべきか悩んでいた頃だったので、とても勇気と自信をもらうことができました。新人看護師にも、これから一緒に働くことになる未来の仲間にも、そんな体験をひとつでも多くしてもらいたいと思っています。看護師は大変なこと、辛いこともたくさんありますが、とてもやりがいのある仕事です。そうした魅力を現場で伝えていくのも実地指導者の役割ではないでしょうか。

先輩からのメッセージをもっと見る

専門・認定看護師からのメッセージをもっと見る

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.