実地指導者

Field leader
トップ > 仕事を知る > 先輩看護師 INDEX > 実地指導者
実地指導者

附属病院 5E病棟 2016年入職

新人看護師の成長を
先輩全員でバックアップ。

関西医科大学では2年目以上のすべての看護師が「実地指導者」を担い、新人看護師の成長を全員で支える仕組みを取り入れています。また、私の病棟では所属する2年目以上の看護師それぞれに、新人に教える項目が割り振られており、年単位の教育計画に基づいて、ひとつずつレクチャーを行っています。私が今年担当したのは「ナースコール」「環境整備」「臥床患者さんのシーツ交換」の3つ。教えるにあたって改めて基本を振り返ったりと、自分自身の勉強やスキルアップにもとても役立っていると思います。1年前の自分がわかりにくかったこと、困ったことなどは積極的に教えてあげたいですね。
実地指導者

2年目だからこそわかる
気持ちがあります。

私自身がそうだったのですが、ある程度実習で学んでいるとはいえ、すべてがはじめての1年目は右も左もわからない状態。困ったことがあっても「これをどの先輩に聞けばいいのか」さえ判断できないと思うんです。新人看護師をサポートする身近な存在としてシスター看護師がいますが、シフトの都合でどんなときも一緒にいられるわけではありません。そんなときには、年が一番近い私たちの世代が積極的に声をかけてあげられたら。実際私もまだ2年目でわからないこともたくさんあります。だから「あ、それ一緒に教えてもらいに行こう!」と明るく声をかけて、少しでも不安な気持ちをとりのぞいてあげたいと思っています。

先輩からのメッセージをもっと見る

専門・認定看護師からのメッセージをもっと見る

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.