シスター

Sister
トップ > 仕事を知る > 先輩看護師 INDEX > シスター
シスター

総合医療センター 6N病棟 2013年入職

お手本になれるように、
自分自身もしっかり成長を。

看護の基礎を改めて振り返ったり、専門知識を習得するために勉強会に参加したり。シスターになったことで新人看護師から相談されても先輩として恥ずかしくないように、そして少しでも役に立ってあげたいという想いが生まれ、自分自身の成長にもつながっています。また、初心を思い出せるのもシスターになってよかったと思うところ。新人看護師が患者さんのひと言ひと言に丁寧に耳を傾けている姿を見ると、自分自身が看護師になりたてだった頃の気持ちを思い出すことができます。シスターである私が逆に新人から教えられることも決して少なくありません。
シスター

リーダー業務を経験したことで
これまでも視野が広がるように。

入職して2年目の秋からは、所属する精神科病棟のリーダー業務に入ることになりました。その日のリーダーになると、医師をはじめ他職種と連携し、看護師に情報を共有し、時に指示を出さなければいけない場面も。それまでは自分ひとりの業務をこなすだけでしたが、リーダーを担当することで、少しずつ周囲にも目を向けられるようになってきたと思います。この経験はシスターとして新人と接する中でも活きているように思います。振り返ると私自身、新人の頃にはシスター看護師にとてもお世話になりました。だから今度は私が新人を支える番。自分のことだけでなく新人にも積極的に声をかけて、2年目を前向きな気持ちで迎えられるようにしてあげたいと思います!

先輩からのメッセージをもっと見る

専門・認定看護師からのメッセージをもっと見る

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.