新人看護師

New nurse
トップ > 仕事を知る > 新人看護師
新人看護師

附属病院 手術室 2017年入職

刻一刻と変わる手術現場に
対応する力を。

手術にはさまざまな術式があり、診療科や医師によっても使用する機器は異なります。まず知識として覚えなければいけないことがたくさあり、1年目の私はとにかく勉強の毎日ですね。しかし刻一刻と変わりつづける現場での対応力も大切。ただ知識を覚えるだけではダメで、経験を重ね、引き出しの数を増やさなければいけないので本当に大変です。手術室看護師には「器械出し」と「外回り」の2つの役割がありますが、今はようやく医師の隣で器械を渡す「器械出し」に慣れてきたところ。これからは手術中の患者さんのサポートをする「外回り」を覚えられるように勉強をはじめたいと思います。
新人看護師

どれだけ短時間でも
信頼関係を築くことが大切。

手術室看護師は病棟に比べて患者さんと関わる時間が少ないというイメージがありましたが、実際には術前・術後の訪問など病棟を訪れる機会が多いことにとても驚きました。これまでで印象的だったのは肺がん手術をした患者さんのこと。手術後の状態の観察などを行うために病室を訪れた際、はじめは明るく話されていた患者さんが最後に「手術は成功したと聞いてはいるけれど、再発しないか不安で仕方がない」と涙を流されました。そのとき、患者さんの背中にそっと手を当てながら、思いに寄り添う先輩の姿を見て、どれだけ短時間でもきちんと一人ひとりに向き合い、信頼関係を築くことの大切さを実感。手術の知識を学ぶこと以外の大切さを、身をもって知ることができました。

先輩からのメッセージをもっと見る

専門・認定看護師からのメッセージをもっと見る

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.