附属滝井病院は、関西医科大学総合医療センターとしてさらに進化いたします。

平成30年春 ホスピタルガーデン OPEN!!

ページダウン

TOP MESSAGE笑顔あふれる病院へ

病院長 岩坂 壽二

関西医科大学総合医療センター病院長 岩坂 壽二

関西医科大学附属滝井病院は、平成28年5月の新本館開院に伴い、「関西医科大学総合医療センター」に名称変更し、大阪市及び北河内2次医療圏の医療センター機能を担う地域密着型病院として生まれ変わりました。

今後も安心・安全かつ良質な医療を提供するとともに、病病・病診連携を一層強化し、地域医療に貢献してまいりますので、皆様の更なるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

OUR MISSION
~私たちの使命〜

  • 地域に密着した総合医療センターを目指します。
  • 患者さんの心と体に寄り添うリエゾン精神医療を実践します。
  • 大学病院の役割を担うとともに、
    先進医療・がん診療・救急医療の更なる充実を図ります。
  • 地域の医療・保健・福祉機関との相互連携を推進し、
    患者さん中心の医療を提供します。
  • 二次医療圏における中核病院として、地域との連携を図り、
    住民の方々の健康作りに取り組みます。
  • 「大切な人を受診させたい病院へ」をモットーとし、
    安心・安全かつ最先端の医療を提供します。

MEDICAL FUNCTION医療機能

LATEST MACHINE最新機器

(サムネイル) (ポップアップ)

心臓血管病センター

心臓血管病センター

手術部と同フロアーに9床のCCU・ICU、並びに最新のカテーテル治療装置を備え、救急患者を含めた循環器重症患者の治療を行います。

心臓血管病センターはこちら

ブレストセンター

ブレストセンター

乳腺外科、形成外科が連携を図り、患者さんのQOLを十分に考慮したがんの治療と術後の美しさの両立を図る乳がん手術を実践します。

ブレストセンターはこちら

内視鏡センター

内視鏡センター

検査室4室、X-TV室1室を配置し、患者さんに負担の少ない低侵襲医療を心がけ、消化管のみならず、ERCP、カプセル内視鏡なども積極的に実施し、検査から高度な治療まで幅広い診療を行います。

化学療法センター

化学療法センター

専用リクライニングベッド15床を配置し、診察室、薬剤準備室及び処置室を設けるなど機能の充実を図り、安心・安全で効果的な抗がん剤治療を行うとともに、患者さんのQOL向上に努めます。

化学療法センターはこちら

PETセンター

PETセンター

PET検査すなわち陽電子断層撮影検査は、ほとんど苦痛のない検査です。がんの早期発見、がんの拡がりと転移の診断、がん治療後の経過観察のためには欠かせない検査です。三大生活習慣病(がん・心疾患・脳血管疾患)を始めとする疾病の早期発見や疾患予防群の発見にも努めてまいります。

PETセンターはこちら

手術部

手術部

手術室は11室とし、輻射パネル空調システムを装備した眼科専用手術室1室、人工関節など高度な手術に対応するバイオクリーン手術室2室を設けます。

手術部はこちら

一般病棟

一般病棟

4人室に準個室ユニットを採用するなど、患者さんのプライバシーを保護するとともに、アメニティーに配慮した、ゆとりある病室スペースを確保いたします。
産婦人科病棟には、屋上庭園を整備し、また、ご出産の場合は、お母さんと赤ちゃんが一緒に過ごせる母子同室といたします。

院内調剤

院内調剤

医療のワン・ストップ・サービスを目指して、外来患者さんへの院内調剤を実施いたします。
  • 診療とお薬の受け取りが病院内で済ませられ、お支払も1回の会計で終了し、ほとんどの場合、お支払合計の負担金額が少なくなります。
  • 薬の内容について、薬剤師の目からみて疑問があれば、カルテで確認したり、医師に直接問い合わせをしたりしたうえで調剤を行いますので、安心して薬を服用していただけます。
  • お薬を受け取られるまでの時間を短くするよう、最善の努力をはかります。

CT装置

CT装置

全てのCT検査に対応出来る、かつてない検査空間になっており、被ばく低減と高画質を両立します。

新世代CT装置

新世代CT装置

急速に進む少子化や高齢化、大きく変化し始めた医療制度。
優れた分解能と高速撮影、被ばく低減と高画質の両立、施術しやすいワイドボアと設置場所を選ばないコンパクトな筐体。
これまでトレードオフと諦めてきたあらゆるエレメントを高い次元に融合させました。

MRI1.5テスラ

MRI1.5テスラ

煩雑な撮像手順をより正確に、高分解能なディフュージョンを実現させ、短時間造影撮像ダイナミックを可能にしたヘリウム0の1.5TMRIです。

MRI3テスラ

MRI3テスラ

3TMRIシステムに、更に進化したシームレスコイルシステム第4世代TimとMRIの操作環境を一変する操作系エンジンが融合しました。

PET-CT装置

PET-CT装置

TruePoint Biograph16は、高感度LSOクリスタルを搭載し、薬剤デリバリによるFDG検査から短半減期核種を用いた検査まで、高画質、短時間検査を実現します。

泌尿器用エックス線装置

泌尿器用エックス線装置

泌尿器領域における最新の診断、治療技術とペーシェントケアを実現するため、大型視野(FOV)を有するフラットディテクタ(FD)技術を搭載した泌尿器用デジタルFD-X線装置です。
全尿路系(KUB)を1回の撮影でカバーし、高解像度ディテクタにより、1枚の画像からより多くの情報を得られます。最高の画質により、デジタル画像補間を行うことなく、より細部の画像観察が可能です。

エックス線透視装置

エックス線透視装置

全身を多方向から観察可能なため、消化管や整形外科における透視検査、内視鏡や超音波を併用した検査などの非血管性IVRからAngioまで幅広く対応できます。

バイプレーン血管造影装置

バイプレーン血管造影装置

変化自在のマルチアクセス機構と鮮明かつ限りなくリアルな画を生み出す先進の画像処理テクノロジーが、これまでのアンギオ装置の常識を打ち破る、究極のバイプレーンシステムです。

エックス線撮影装置

エックス線撮影装置

島津製作所RADspeed Proと富士フィルム社製FPDシステムを組み合わせた高機能一般撮影システムにより、最新テクノロジーを人へのやさしさ実現に活用し、検査を受ける方、検査を行うスタッフいずれにも快適な検査環境を提供いたします。

骨密測定装置

骨密測定装置

世界中で高いシェアを誇る、信頼性の高い装置で、最新のセラミックディテクター&高周波X線管球の採用により体厚のある受診者の画像もより鮮明に描出され、高精度な骨密度測定が行えます。
検査は無理な姿勢は必要なく、リラックスして受診頂けます。約5分ほどで検査は終了します。

SPECT-CT装置

SPECT-CT装置

高画質と安定性で定評のSPECT装置に高画質、高速性、低被ばく性能を凝縮した16ch MDCTを高次元で合体され、SPECT/CTとしての臨床価値が確立しました。
CTの被ばく量を従来と比べ最大60%低減でき、高画質を実現できる、最新のCT逐次近似画像再構成「ASiR」を搭載。CT装置ではスタンダードな機能となっている逐次近似を、SPECT-CT装置として唯一搭載したシステムです。

3Dマンモグラフィ

3Dマンモグラフィ

リアル3Dマンモグラフィは、異なる角度から撮影した2枚の画像と立体視モニターの組み合わせにより、奥行き方向の乳腺を把握しやすく、微小石灰化の状態を立体的に見ることで、偽陽性診断を低減し、読影時間をさらに短くできる効果が期待されています。

リニアック装置

LINAC

独自の特許技術により、患者さんひとりひとりに最適な線量を高精度に、的確な位置に、最短の治療時間で照射します。