関西医科大学高度医療人育成制度

関西医科大学高度医療人育成制度(臨床留学支援)

制度の目的

この制度は、医師免許取得後10年以上の本学医師を対象に、国内外の医療施設に留学することにより、最先端の診療技術や診療体制を修得し、世界で通用する医師を育成するとともに、本学の診療レベル向上を目的としています。

応募資格

原則として、以下の条件を全て満たす者とする。
(1)本学の臨床系講座・診療科に所属する専任教員(助教以上)
(2)医師免許取得後10年以上
(3)専門医を取得している者
なお、医学博士の学位を取得していることが望ましいが、必ずしもこの限りではない。

留学期間

原則として年度内の出発日から1年以内とする。
期間延長を希望する場合には別途申請のうえ、審議されることとなるが、出発日より起算して2年を超えることはできない。
※6カ月以上の期間の申請者を優先的に採用する。
※ただし国外の留学の場合は、COVID-19の状況に応じた大学の方針に従い、中止となる可能性があります。

旅費

・国外留学者:旅費支給有り、1人あたり上限50万円
・国内留学者:旅費支給なし

給与

本学給与規程「9-2-3及び9-2-5高度医療人育成制度による臨床留学の場合」により支給する。

応募方法

下記書類を期日までに卒後臨床研修センター附属病院分室へ提出すること。
(1)臨床留学計画書※
(2)推薦書※
(3)留学先施設の受入承諾書
(4)履歴書※
(5)業績目録※
(6)習得する診療技術・診療体制の内容と本学への貢献度※
※の資料については下記「応募書類一式」よりダウンロードしてください。

審査方法

1次選考は書面審査、2次選考は1次選考通過者のみ面接実施

募集人員

3名程度

応募期限

応募は締め切りました。
2020年 8月31日(月)

参考規程

本学「高度医療人育成制度に関する規程」をご参照願います。

提出・紹介先

卒後臨床研修センター附属病院分室(内線:枚方80 3806)

KMU BRAND 関西医科大学 関連施設