関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
キャリアアップ・職場復帰

看護実践支援について

看護実践支援について

部門長挨拶

 社会に貢献できる優秀な医療人を育成する目的で卒後臨床研修センターの組織刷新が行われました。その一環として大学病院の高度な急性期医療に対応できる看護職員育成を目指して、卒後臨床研修センター内に看護実践支援部門が設置されました。本部門の目的は下記の通りです。

1. 各附属病院の看護職員継続教育の一元化を図り、体系化すること
2. 看護専門職業人として活躍するための能力開発を生涯にわたって支援すること

具体的施策として新卒入職者、復職者及び全看護職員に対してクリニカルラダーのレベルに対応した研修及び指導者研修を実施し、臨床看護実践力の向上を図ってまいります。

患者中心の質の高い医療を提供するためには、大学理念である『慈仁心鏡』(慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人)に基づき、共感的理解の上での実践が求められます。看護実践支援部門として看護職員の職業人ならびに一個人としての成長に微力ながら寄与できると確信しております。

看護実践支援部門のミッション

関西医科大学の看護職員のコンピテンシー育成

コンピテンシーとは・・・
各自の能力・資質を行動化し、成果に繋がる総合的な能力・行動特性

看護実践支援部門の教育目標

1. 看護専門職業人としての知識・技術の向上(Speciality)
2. 指導能力の向上(Leadership)
3. 組織及び業務管理能力の向上(Management)

看護実践支援部門の教育の特徴

看護実践支援部門は附属病院看護部、総合医療センター看護部と連携し、時代のニーズを取りいれた教育計画を立案し実施、評価を行い、常に利用者のニーズに合う循環型プログラムの考えを基本にしています。また、看護継続教育の体系化を図りキャリア開発ラダーを取り入れ受講者のニーズにあった教育を提供します。

看護職員の行動指針

1. 自己の看護実践を振り返りそれを理論的に解明し次の看護実践に活かす
2. 研修成果を看護実践に活用する

クリニカルラダー導入の意義

 関西医科大学の各附属病院看護部の理念、方針、目標を達成するために、看護部の職員一人ひとりが自分の目標を明確にし、やりがいと達成感を味わうとともに看護職として成長することをめざしています。
個人と組織の目標の統合をはかり、各人の希望に基づく看護職員としての将来の目標と必要とされる能力開発をすすめるために、キャリア開発としてクリニカルラダーを導入しています。

クリニカルラダー導入の目的

1. 関西医科大学の看護職員として必要な看護実践能力を段階的に明示し、その到達を示すことによっ 
  て看護の質の向上をはかる。
2. 教育背景やライフスタイルの異なる個々の看護職員の教育ニーズにあった継続教育の体系化をは
  かり、教育の効果・効率を高める。
3. 看護実践能力を考慮した適切な人材配置を行う。
4. 個人の看護実践能力向上の動機付けとなるよう支援する。
5. 看護職員の仕事の満足度を促進する。

教育体制における組織

教育計画の詳細

附属病院看護部ならびに総合医療センター看護部のウェブサイトをご覧ください。

このページのトップへ

看護師募集の詳細

看護師募集に関する詳細は下記サイトをご覧ください。

このページのトップへ