関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
各部門の研修内容

専門(後期)研修支援プログラムについて

はじめに

「専攻医(後期研修医)を募集します。

本プログラムは初期研修を修了した医師が、本学附属病院(附属病院、総合医療センター、香里病院)、本学診療部関連病院、本学大学院、海外留学などで各専門領域における高度な診療能力と学術水準を習得する(専門医資格取得が指標)ための研修プログラムです。

本ページには初期研修を修了した医師に対して各診療部がどのような進路を考えているか、その概要を掲載しています。専門研修プログラムは各診療部により異なります。これは各専門学会が専門医資格として何を求めているかが違うことを反映しています。

初期研修では医師としての基本である人間性の涵養、患者・家族および他職種医療人との良好なコミュニケーションを形成できる素養の修得、そして基本的な診療技術の修得を研修目標として実施しています。
初期研修2年間を修了した後、各診療科・講座へ入局し、専門分野の専門研修を開始します。専門科の各学会はその分野の医学・医療についての経験・学識・技術を有する医師を認定医・専門医・指導医などの名称で認定する制度を整えています。一般には医師免許を取得して5~6年の研修の後、それぞれの学会で定める試験もしくは方式によって、認定医・専門医を認定しています。医師免許は更新制をとっていませんが、認定医・専門医・指導医は5年毎の更新が必要で、常にその分野の専門性を保持する必要があります。

医師の研修は生涯継続されるものです。専門研修もその第一段階として捉える必要があります。関西医科大学では初期研修、専門研修、大学院、そして専門医となってからの更なる生涯教育のプログラムを考えています。是非、関西医科大学専門研修プログラム登録医として、専門研修を開始していただきたくお願い致します。

このページのトップへ

専門(後期)研修プログラム

こちらから専門研修プログラム冊子「魅力あるキャリア形成」をダウンロードできます。

診療科ごとのプログラムについては、専門(後期)研修プログラムの内容についてのページをご覧ください。


専門研修プログラム「魅力あるキャリア形成」    ダウンロード(9.82MB)

このページのトップへ