関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
各部門の研修内容

初期臨床研修プログラムの概要

本臨床研修プログラムは、関西医科大学の附属病院及び総合医療センターを基幹型臨床研修病院とし、関西医科大学香里病院及び一般病院を協力型臨床研修病院、さらに関西医科大学天満橋総合クリニック、保健所、老人健康施設などを臨床研修協力施設として、研修に必要な病院群を形成している。
研修開始は将来進む診療科を選定せずに多診療科(施設)、または将来専門としたい診療科を決めた上で、その診療科を中心にローテーションすることによって、医師としての基本的診療能力獲得と人格涵養を目的とする。

このページのトップへ

臨床研修施設の規模と概要

関西医科大学附属病院(基幹型)(総合医療センタープログラムでの協力型)

 病床数:751 床

 診療科:
血液腫瘍内科、呼吸器腫瘍内科、呼吸器・感染症内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌内科、糖尿病科、心臓血管病センター、消化器肝臓内科、心療内科、総合診療科、神経内科、精神神経科、小児科、小児アレルギー科、総合周産期母子医療センター、肝胆膵外科、消化管外科、小児外科、乳腺外科、末梢血管治療科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児心臓外科、脳神経外科、小児脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科、頭頚部外科、歯科・口腔外科、画像診断科、放射線治療科、核医学科、血管造影IVR 科、産科、婦人科、婦人科内視鏡外科、麻酔科、集中治療部、臨床検査医学科、病理診断科、救急医学科、リハビリテーション科、リウマチ・膠原病科、健康科学科

 関連部門:
手術部、総合集中治療部、滅菌材料部、血液浄化療法部、臨床検査部、病理部、放射線部、輸血・細胞療法部、薬剤部、栄養管理部、医用工学センター、心臓血管病センター、総合周産期母子医療センター、高度救命救急センター、総合リハビリテーションセンター、健康科学センター、内視鏡センター、生殖医療センター、脳卒中センター、治験管理センター、看護部、事務部、地域医療連携部、病床運営管理部、医療安全管理部、感染制御部、安全衛生管理部、経営企画部、医療情報部、医療クラーク統括室、がん治療・緩和センター、診療情報分析室

関西医科大学総合医療センター(基幹型)(附属病院プログラムでの協力型)

 病床数:477 床

 診療科:
血液腫瘍内科、呼吸器膠原病内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌代謝内科、健康科学科、消化器肝臓内科、心療内科、神経内科、精神神経科、小児科、消化管外科、肝胆膵外科、乳腺外科、末梢血管外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、形成外科、皮膚科、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、放射線科、産婦人科、麻酔科、ペインクリニック・緩和医療科、臨床検査医学科、病理診断科、救急医学科、リハビリテーション科

 関連部門:
手術部、輸血部、臨床検査部、病理部、放射線部、医療情報部、医療安全管理部、感染制御部、薬剤部、看護部、事務部、栄養管理部、地域医療連携部、診療情報分析室、救命救急センター、心臓血管病センター、治験管理センター、臨床工学センター、肝臓病センター、化学療法センター、PETセンター、透析センター、脳卒中センター、海外渡航者医療センター、脊椎神経センター、血管内治療センター、ブレストセンター、結石治療センター、網膜硝子体センター、がん治療・緩和ケアセンター、甲状腺外科センター、人工関節センター、総合リハビリテーションセンター

附属病院、総合医療センターの各プログラムでの内科関連協力型臨床研修病院

若草第一病院、大阪府済生会泉尾病院、河内総合病院、松原徳洲会病院、城山病院、大阪府済生会野江病院、大阪府済生会茨木病院、コープおおさか病院、小松病院、医誠会病院、近畿中央胸部疾患センター、東大阪病院、摂南総合病院、宝塚病院、福田総合病院、上山病院、白庭病院、関西医科大学香里病院、美杉会男山病院

附属病院、総合医療センターの各プログラムでの選択診療科関連協力型臨床研修病院・施設

・精神神経科関連協力型臨床研修病院
八尾こころのホスピタル、 ねや川サナトリウム

・小児科関連協力型臨床研修病院
河内総合病院、大阪府済生会野江病院、中野こども病院、小松病院、関西医科大学香里病院、美杉会男山病院

・外科関連協力型臨床研修病院
若草第一病院、関西医科大学香里病院、美杉会男山病院

・産婦人科関連臨床研修協力施設
井上産婦人科クリニック

・麻酔科関連協力型臨床研修病院
若草第一病院、関西医科大学香里病院、美杉会男山病院

附属病院、総合医療センターの地域医療研修関連協力型臨床研修病院

若草第一病院、大阪府済生会泉尾病院、河内総合病院、松原徳洲会病院、城山病院、大阪府済生会野江病院、大阪府済生会茨木病院、コープおおさか病院、小松病院、医誠会病院、近畿中央胸部疾患センター、東大阪病院、摂南総合病院、宝塚病院、福田総合病院、上山病院、白庭病院、美杉会佐藤病院、関西医科大学香里病院、美杉会男山病院、徳之島徳洲会病院

附属病院、総合医療センターの各プログラムでの臨床研修協力施設

大阪がん循環器病予防センター、瀬戸内徳洲会病院、名瀬徳洲会病院、帯広徳洲会病院、萱島生野病院、藤本病院、交野病院、結核予防会大阪病院、大阪府四條畷保健所、大阪府守口保健所、パークヒルズ田原苑、枚方市保健所、大阪府寝屋川保健所、枚方総合発達医療センター、陵東館、関西医科大学天満橋総合クリニック

このページのトップへ

プログラムの管理運営

 研修医の統括責任者は、関西医科大学卒後臨床研修センター長である。研修に当っては、卒後臨床研修副センター長及び附属病院、総合医療センターの両病院長(卒後臨床研修センター分室長)のもとに、各診療科(施設)のプログラム指導者等を中心とした研修管理委員会が研修医の勤務および把握、研修プログラムの企画運営、評価を行う。関西医科大学附属病院及び総合医療センターの各々を基幹施設として協力型臨床研修病院・臨床研修協力施設を含めた臨床研修施設において研修を行う。

このページのトップへ

研修プログラム(附属病院、総合医療センター)

・臨床研修は平成29年4月から開始する。

・附属病院、総合医療センターでの研修に先立ち(ワークショップを含む)研修オリエンテーションに参加する。

・本学の各研修プログラムはスーパーローテートを採用しており、以下の診療科をローテートする。


附属病院プログラム(募集定員 41名) 総合医療センタープログラム(募集定員 7名)

Aコース  自由選択度の高いコース
1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(6) 救急(3) 麻酔科(2) 選択
必修(1)
2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域
医療(1)
将来専門とする診療科等を自由選択
  1. 救急外来の当直も担当する。
  2. 本プログラムでは内科6ヶ月、救急3ヶ月、麻酔科2ヶ月、地域医療1ヶ月を必修とする。
  3. 1年次「選択必修」は、外科、小児科、産婦人科、精神神経科から1診療科を選択(選択必修を2年次に行ってもよい)。
  4. 救急3ヶ月研修は、麻酔科2ヶ月のうち1ヶ月は救急手技等を研修し救急外来当直を24回(1ヶ月相当)行う事により、救急1ヶ月と自由選択2ヶ月とすることもできる。但し、救急の研修は2ヶ月以上が望ましい。

Bコース 研修開始時に将来専門とする診療科で研修を行うコース
1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
将来専門とする診療科(3) 内科(6) 救急(3)
2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域
医療(1)
麻酔科(2) 選択
必修(1)
将来専門とする診療科等を自由選択
  1. 救急外来の当直も担当する。
  2. 本プログラムでは内科6ヶ月、救急3ヶ月、麻酔科2ヶ月、地域医療1ヶ月を必修とする。
  3. 2年次「選択必修」は、外科、小児科、産婦人科、精神神経科から1診療科を選択。
  4. 救急3ヶ月研修は、麻酔科2ヶ月のうち1ヶ月は救急手技等を研修し救急外来当直を24回(1ヶ月相当)行う事により、救急1ヶ月と自由選択2ヶ月とすることもできる。但し、救急の研修は2ヶ月以上が望ましい。
  5. 1年次「将来専門とする診療科(3ヶ月)」は、4月~6月の固定期間で行う。

Cコース  脳・心・末梢血管病コース 
1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(6) 救急(3) 麻酔科(2) 選択
必修(1)
2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域
医療(1)
循環器内科、心臓血管外科、末梢血管外科、神経内科、血液膠原病内科、放射線科
の7科を各1ヶ月以上選択し、残る期間は自由選択
  1. 救急外来の当直も担当する。
  2. 本プログラムでは内科6ヶ月、救急3ヶ月、麻酔科2ヶ月、地域医療1ヶ月を必修とする。
  3. 1年次「選択必修」は、外科、小児科、産婦人科、精神神経科から1診療科を選択(選択必修を2年次に行ってもよい)。
  4. 救急3ヶ月研修は、麻酔科2ヶ月のうち1ヶ月は救急手技等を研修し救急外来当直を24回(1ヶ月相当)行う事により、救急1ヶ月と自由選択2ヶ月とすることもできる。但し、救急の研修は2ヶ月以上が望ましい。
  5. 2年次 血管病コースを構成する7診療科で血管病の診療を主に研修する。

○ プログラム責任者: 
附属病院・・・金子 一成 教授
総合医療センター・・・木下 利彦 教授

附属病院小児科重点プログラム(募集定員 2名)

○将来、小児科医になることを希望するコース

1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小児科(3) 内科(6) 救急(3)
2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域医療(1) 麻酔科(2) 将来専門とする診療科等を自由選択

  1. 救急外来の当直も担当する。
  2. 本プログラムでは小児科3ヶ月、内科6ヶ月、救急3ヶ月、麻酔科2ヶ月、地域医療1ヶ月を必修とする。
  3. 救急3ヶ月研修は、麻酔科2ヶ月のうち1ヶ月は救急手技等を研修し救急外来当直を24回(1ヶ月相当)行う事により、救急1ヶ月と自由選択2ヶ月とすることもできる。但し、救急の研修は2ヶ月以上が望ましい。
  4. 1年次 小児科(3ヶ月)は、4月~6月の固定期間で行う。

○ プログラム責任者: 附属病院・・・辻 章志

附属病院産婦人科重点プログラム(募集定員 2名)

○将来、産婦人科医になることを希望するコース

1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
産婦人科(3) 内科(6) 救急(3)
2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域医療(1) 麻酔科(2) 将来専門とする診療科等を自由選択研修
  1. 救急外来の当直も担当する。
  2. 本プログラムでは産婦人科3ヶ月、内科6ヶ月、救急3ヶ月、麻酔科2ヶ月、地域医療1ヶ月を必修とする。
  3. 救急3ヶ月研修は、麻酔科2ヶ月のうち1ヶ月は救急手技等を研修し救急外来当直を24回(1ヶ月相当)行う事により、救急1ヶ月と自由選択2ヶ月とすることもできる。但し、救急の研修は2ヶ月以上が望ましい。
  4. 1年次 産婦人科(3ヶ月)は、4月~6月の固定期間で行う。
○プログラム責任者 : 附属病院・・・北 正人診療教授
• 「内科」の研修は、附属病院、総合医療センター、内科関連の協力型研修病院ならびに関西医科大学天満橋総合クリニックで行う。
• 「精神神経科」の研修は、総合医療センター、附属病院ならびに精神科関連の協力型研修病院で行う。
• 「小児科」の研修は、附属病院、総合医療センターならびに小児科関連の協力型研修病院で行う。
• 「外科」の研修は、附属病院、総合医療センターならびに外科関連の協力型研修病院で行う。
• 「産婦人科」の研修は、附属病院、総合医療センターならびに臨床研修協力施設である井上産婦人科クリニックで行う。
• 「麻酔科」の研修は、附属病院、総合医療センターならびに麻酔科関連の協力型研修病院で行う。
• 「地域医療」の研修は、地域医療関連の協力型臨床研修病院ならびに医療機関である臨床研修協力施設で行う。
• 自由選択の研修は、臨床研修協力施設である保健所、老人保健施設、社会福祉施設、在宅医療施設などで行うこともできる。
• 本学の各プログラムの研修医は、研修期間のうち合計12ヶ月以上を、該当プログラムの基幹型研修病院で研修する。

このページのトップへ

評価について

○研修医の評価
  各診療科のプログラム指導者は大学病院並びに研修協力施設における研修指導者から臨床研修内容の報告をうけ、評価する。各診療科および厚生労働省が掲げる初期臨床研修到達目標につき自己評価および研究会、学会発表、論文作成などを含め総合的に評価する。その結果を研修センターに必要書類を添えて提出する。研修管理委員会が評価の管理を行う。

○研修の評価方法
各研修医は研修プログラムにしたがって研修し、随時自己評価結果を記入する。同時に指導者は指導医評価を行う(研修医が自己評価した内容を基に改めて評価する)。2年間の研修終了時にはすべての項目にAの評価が得られるよう努力する。

○初期臨床研修修了の認定
研修医より申告された自己評価結果、ならびに指導医評価結果に基づき、各診療科研修指導責任者は当該プログラムの研修終了を認定する。研修センターはそれらを総合して初期臨床研修修了を認定する。また、初期臨床研修修了認定書を交付する。

このページのトップへ

到達目標

 全研修医の到達目標は厚生労働省から提示されている研修医到達目標に準ずるが、個々の研修施設における研修到達目標については各研修施設における研修プログラムを参照すること。
これらのプログラムは研修医が独立して医療を行えるよう、基本的な知識および技能を修得するとともに、医師にふさわしい態度、倫理観を養い、患者ならびに家族から厚い信頼を得ることのできる医師となることを目標としている。
研修医は医療が患者との人間的な信頼関係の上に成り立っていることを自覚するとともに、研修目標の達成に努力する。

到達目標    ダウンロード

このページのトップへ