関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

関連施設

  • 附属病院
  • 総合医療センター
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
産学連携知的財産統括室

産学連携知的財産統括室

産学連携知的財産統括室

知的財産の管理活用及び社会連携の推進

概要

 本学では、平成14年以降、他の医科大学に先駆けて知的財産権の機関帰属化など知的財産活動への先進的な取り組みを行ってきました。さらに平成19年4月に産学連携知的財産統括室、同9月には事務組織として産学連携知的財産統括課(現・研究課 産学連携知的財産統括係)を設置し、教員と事務部門とが一体となって活動できる体制が整いました。
この体制の下、産業界、他大学、官公庁、地域など広く社会と連携するのを助け、研究・教育・診療活動をさらに活性化すると共に、それらの成果を大学と社会に還元できるよう、知的資産(産業財産権、著作権、成果有体物)を管理し、その活用を推進しています。また外部資金・研究助成金獲得と資金管理をサポートする役割をも担っています。さらに世の中の変化に対応した大学改革を促すと共に学内啓発を進めています。


活動内容

 産学連携知的財産統括室を設けて以後、本学職員等の発明に関する規程を根本的に改正し、新しく産学連携及び知的財産に関する規程、発明規程、技術移転規程、知的財産ポリシーを順次制定しました。また大学が社会貢献を有効に進めるには、他大学、企業等の外部機関との連携が必要であり、その際には教員が安心して活動できるようにリスクをマネジメントすることが不可欠です。そのための共同研究や受託研究などの契約書作成、利益相反のマネジメントなどの活動を進めています。
さらに、本学の持つ研究ポテンシャルを活用し、従来から本学と共同研究、受託研究等の実績をもつ企業を巻き込んだ新たな研究プロジェクトの企画、推進を図っています。

知的財産ポリシー

1)関西医科大学は、“慈仁心鏡”、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成する
    ことを建学の精神としている。その心は、優れた人間力、技術力、研究力を保有した“良医”を養成
    することであり、この精神を根幹において知的財産活動を推進する。
2)教職員が生み出した研究成果としての知的財産権、研究過程で蓄積された知識、経験、思考はす
    べて貴重な知的財産である。関西医科大学は自らの責任のもとにこれらの知的財産を保護、管理、
    活用することにより自由な研究活動を推進する。
3)関西医科大学は、知的財産基本法の精神に則り、研究成果を知的財産として権利化し、その成果
    の普及に積極的に努めることにより社会の一層の発展に寄与する。
4)大学経営を見据えた適切な知的財 産活動を行うことにより、その継続的な発展をはかる。

連絡先

〒573-1010  大阪府枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 大学事務部 研究課 産学連携知的財産統括係
Tel : 072-804-0101    Fax : 072-804-2686
E-mail : sangaku●hirakata.kmu.ac.jp
(送信の際は 「● 」を半角の「@」に変更してください。)



大学トップページへ戻る

このページのトップへ