脳神経外科

技術を駆使し高度かつ安全な医療を提供

脳神経外科が担当する疾患は、脳血管障害・脳腫瘍・脊髄疾患・頭頸部外傷・脳脊髄の機能異常になります。担当する範囲は広いですが、多彩な専門医が協力し合って安全で確実な治療が提供できるように努めております。脳血管障害と脊髄・末梢神経・下垂体疾患に対しては、手術用顕微鏡、神経内視鏡を用い、高度な医療を提供します。手術室では、画像撮影装置、ナビゲーションシステム、脳血流検査、神経生理機能検査を駆使して安全な医療が提供できるように努めています。


【実績】手術数
2014年:136件 2015年:128件 2016年:119件

岩瀬 正顕

診療科長 岩瀬 正顕 (教授)

専門分野:
脳血管外科、脊髄外科、神経内視鏡手術、救急医療、外傷外科
資格:
日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医、日本脳卒中の外科学会技術指導医、日本脊髄外科学会認定医、日本神経内視鏡学会技術認定医、日本救急医学会専門医・指導医、日本外傷学会専門医
閉じる

ページの先頭へ