救急医学科

精神疾患合併救急症例の「最後の砦」

当科の特色は、Hybrid Emergency roomを活用した高度先進的な救命医療のみならず、他の救急医療機関では対応しにくい傷病者も積極的に受入れています。特に精神疾患合併症例の受入れには力を入れています。院内に精神神経科病棟があること、救命救急センターに専属の精神科医・精神保健福祉士が常駐していること、地域の精神科病院とのネットワークを生かし、当地域の精神疾患合併救急症例の最後の砦として機能しています。


【実績】受入症例数/うち精神疾患合併症例
2014年:1922例/285例 2015年:1856例/301例 2016年:1872例/268例

中森 靖

診療科長 中森 靖 (教授)

専門分野:
救急医療・集中治療全般
資格:
日本救急医学会専門医・指導医
閉じる

ページの先頭へ