外傷センター

各科と連携し後遺障害の無い治療を

救急医学科・整形外科・形成外科が中心となり、四肢骨盤・脊椎外傷、切断指肢・顔面外傷を初期診療から手術、リハビリテーションに至るまでを一貫して行っています。

初期診療治療室には、Hybrid ER(スライディングガントリCT + CアームのIVR-CTシステムにより,外来初期診療,CT検査,緊急手術,TAEが同一寝台で治療できる:重傷患者を診断目的だけのために移動する必要がない)を導入しており、迅速な初期診療に引き続き、適切なタイミングで治療介入を行い、できるだけ後遺障害をのこさない治療を目指しています。

齊藤 福樹

センター長 齊藤 福樹 (准教授)

専門分野:
救急整形外傷
資格:
日本救急医学会救急科専門医・指導医
閉じる

ページの先頭へ