神経内科

地域と連携強化し神経の難病に挑む

神経の難病で最も多いパーキンソン病ですが、罹患された方は症状が進んでから来院されることが多いのが現状です。当科では、地域医療連携に基づいた早期診断のためのシステムを構築したいと考えています。また多発性硬化症に関して、患者さんへの疾患理解のために啓蒙活動を行っています。診療においては豊富な経験を基に患者さんの治療選択に際して適切な支援を行います。また、他院の先生方への診断、治療などの診療アドバイスも行っています。

近藤 誉之

診療科長 近藤 誉之 (教授)

専門分野:
神経内科一般
神経免疫
資格:
日本内科学会認定内科医、日本神経学会専門医・指導医、日本認知症学会専門医
閉じる

ページの先頭へ