ペインクリニック・緩和医療科

神経ブロック治療でPHN発症を予防

当科で取り扱う疾患のひとつに帯状疱疹後神経痛(PHN)があります。高齢化に伴い帯状疱疹を発症する人が年々増加傾向にありますが、そのうち約15%がPHNを発症すると言われています。帯状疱疹発症後すぐに神経ブロックによる治療を開始することで、PHNの発症を予防することができ、またPHNを発症した場合でも鎮痛効果が得られる可能性があります。当科では超音波ガイド下でさまざまな神経ブロック治療を実施し、また高周波熱凝固、高周波パルス療法も積極的に行っています。


【実績】2019年度
ペインクリニック神経ブロック総数:889例
硬膜外ブロック:129例 頸胸腰部傍脊椎ブロック:34例
腕神経叢ブロック:41例 星状神経節ブロック:44例
神経破壊剤又は高周波熱凝固法:30例

増澤 宗洋

診療科長 増澤 宗洋 (教授)

専門分野:
ペインクリニック、緩和医療
資格:
麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会専門医、日本緩和医療学会専門医
閉じる

ページの先頭へ