肝胆膵外科

腹腔鏡肝切除で肝細胞がんを切除

当院は肝疾患拠点病院に指定されており、肝細胞がん患者さんが非常に多いことが特徴です。外科でも肝切除症例が非常に多く、昨年度肝切除症例は53例でした。他病院では転移性肝がん(=肝機能の良い)の患者さんが多いのですが、当院ではほとんどが肝機能不良な肝細胞がんの患者さんでした。体に優しい腹腔鏡肝切除手術も4割の患者さんに行っており、開腹、腹腔鏡ともに大きな合併症なく皆さん元気に退院されています。


【実績】肝切除症例数
2014年:38例 2015年:40例 2016年:53例

北出 浩章

診療科長 北出 浩章 (教授)

専門分野:
肝胆膵脾外科、代謝栄養
資格:
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医、日本静脈経腸栄養学会認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、 日本がん治療認定医機構暫定教育医
閉じる

ページの先頭へ