平成27年4月1日付「大阪府がん診療拠点病院」に指定されました。
大阪府がん診療拠点病院とは、専門的ながん診療機能の充実とがん医療水準の向上を図ることを目的に大阪府が創設したもので、わが国に多い5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)を中心に診療する病院として、診療体制や診療機能等について大阪府がん診療拠点病院選定委員会の審査を踏まえて指定されたものです。

ページの先頭へ

がん治療・緩和ケアセンター

関西医科大学総合医療センターは、平成27年4月1日に大阪府のがん診療拠点病院に指定されました。それを受けて、新たにがん治療・緩和センターを設置することとなり、そのご紹介を申し上げます。
わが国ではがんは死因の第1位であり、がんの撲滅は国を挙げて最も重要な対策の一つです。厚生労働省はそのシステム構築のためにがん診療拠点病院を定めています。国と大阪府に分けて指定しています。関西医科大学総合医療センターが位置する守口市は枚方市、寝屋川市、門真市、四條畷市、大東市、交野市を含めた北河内圏に所属します。大阪府指定のがん診療拠点病院としては大阪府全体で60病院があり、北河内圏では当院が4施設目の指定となります。
当センターの方針を挙げます。病院全体でがん治療・緩和医療をサポートするチームアプローチの確立を目指します。関西医科大学総合医療センターではすでに緩和ケアチームが積極的に活動しており、当センターの設置に伴い、分科会を担います。がんに対する様々な相談窓口の設置、患者会の設立、情報提供、一般の方も対象にした教育を行います。これら一部は院内で既に行われていますが、当センターの元にがん治療、および緩和医療に特化した集約化を行います。院内では緩和医療も含めたがん診療のレベルアップならびに連携強化を目指します。担当科のみならず、緩和医療チーム、放射線科、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士などで多方面から患者さんの支援を含めたより良い医療を検討するキャンサーボード(がん診療検討会)を確立します。その検討が患者さんに還元されることは勿論ですが、我々医療人のレベルアップにも繋がることが期待されます。
関西医科大学総合医療センターは80年以上にわたり、地域医療に貢献してきました。その英知を集結してスタッフ一丸となり、がん診療に少しでもお役に立ちたいと思います。

がん治療・緩和ケアセンター長
教授 石井 一慶

ページの先頭へ

閉じる

緩和ケアチーム

がん治療の最近の進歩はめざましく、がん治療を継続しながら通常の生活を送られる患者さんも増加しています。  緩和ケアとは、いのちをおびやかす病気に罹られた患者さんが抱える様々な問題(悲しみをはじめとした体の症状、不安や悲しみといった心のつらさ、生活全般に関する悩みなど)をできるだけ和らげ、患者さんと家族の生活の質(Quality of Life)を高めるための医療です。がんの治療ができなくなった患者さんへの医療ではなく、がんと診断された時から「がんの治療」と共に「緩和ケア」を受けることが大切だと考えられています。
緩和ケアチームは、各診療科の医師やがん看護を専門とした看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーなどの多職種で構成されています。患者さんや家族が抱える“つらさ”を、和らげるためにはどのようにすれば良いかを担当医と一緒に考え、より良い医療と療養環境を提供できるように心がけています。

ページの先頭へ

閉じる

緩和ケア研修会修了者

◯「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」 (平成20年4月1日付け健発第0401016号厚生労働省健康局長通知)に基づく緩和ケア研修会修了者

血液腫瘍内科 石井 一慶(教授)
呼吸器腫瘍アレルギー内科 石浦 嘉久(教授)
循環器腎内分泌代謝内科 廣瀬 崇人(助教)
消化器肝臓内科 若松 隆宏(講師)
消化器肝臓内科 鉢嶺 大作(講師)
消化器肝臓内科 高橋 悠(助教)
肝胆膵外科 北出 浩章(教授)
肝胆膵外科 肱川 健(助教)
消化管外科 徳原 克治(准教授)
消化管外科 中井 宏治(講師)
消化管外科 山田 正法(講師)
消化管外科 中谷 和義(助教)
消化管外科 住山 房央(助教)
乳腺外科 山本 大悟(教授)
乳腺外科 坪田 優(助教)
乳腺外科 末岡 憲子(助教)
乳腺外科 植田 愛子(助教)
乳腺外科 吉川 勝広(助教)
乳腺外科 千葉 創(助教)
乳腺外科 石塚 まりこ(助教)
呼吸器外科 金田 浩由紀(准教授)
呼吸器外科 中野 隆仁(助教)
精神神経科 吉村 匡史(准教授)
精神神経科 西田  圭一郎(講師)
精神神経科 嶽北 佳輝(講師)
精神神経科 齊藤 幸子(講師)
精神神経科 織田 裕行(助教)
精神神経科 北浦 祐一(助教)
脳神経外科 大重 英行(准教授)
皮膚科 清原 隆宏(教授)
腎泌尿器外科 三島 崇生(助教)
腎泌尿器外科 中本 喬大(助教)
腎泌尿器外科 速水 悠太郎(助教)
腎泌尿器外科 川喜多 繁誠(研究医員)
眼科 山田 章悟(助教)
放射線科 志賀 淑子(助教)
産婦人科 吉村 智雄(講師)
産婦人科 杉本 久秀(講師)
産婦人科 髙畑 曉(研究医員)
麻酔科 村尾 浩平(教授)
麻酔科 増澤 宗洋(准教授)
麻酔科 山﨑 悦子(助教)
麻酔科 久保 古寿江(助教)
麻酔科 北野 正悟(助教)
麻酔科 内山 祐佳(助教)
麻酔科 大平 早也佳(助教)

※平成29年9月1日現在

ページの先頭へ

閉じる

がん相談支援センター

がん相談支援センターでは、専任の医療ソーシャルワーカーとともに、看護師等その他の医療スタッフが、患者さんやご家族の方々のがんに対する不安や悩みをお伺いし、一緒に考え、問題解決に向けてのお手伝いをさせていただきます。お気軽にお申し出ください。

【受付時間】
平 日:9時から17時まで
土曜日:9時から13時まで
休診日:第2、第4土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
【相談料】
無料
【相談方法】
窓口:本館1階 がん相談支援センター
TEL:06-6992-1001(代表)
「がん相談希望」とお伝えください。

※なお、面談でのご相談をご希望される場合は、ご予約は不要ですが、受付時間内に直接お越しください。混みあっている場合はお待ちいただくこともございますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

院内がん登録

当院は、がんの患者さんについての診断や治療などに関する情報を収集・分析し、がん対策の策定や評価を行うため、対象となる患者さんの氏名、生年月日、住所等の情報を大阪府へ提供(地域がん登録)しています。
なお、地域がん登録事業における医療機関からの診療情報の提供に関しては、個人情報の保護に関する法律に規定する《利用目的による制限》および《第三者提供の制限》の適用除外とされており、大阪府へ情報提供する際に本人の同意は求めませんので、ご理解の程お願いいたします。

院内がん登録数はこちら

ページの先頭へ

閉じる