病気の辞典 vol.022(2018/01/09)肺がん

呼吸器外科
助教 中野 隆仁

肺がん(手術が対象となる肺がんを中心に)



概要

肺がんとは肺にできたがんのことです。肺がんは日本人のがんによる死亡原因のトップとなっています。近年、CT検査の普及により、より早いの段階の肺がんが発見されることも増えてきましたが、これらは喫煙歴のない女性にもみられます。



症状

肺がんは、早い段階では症状はほとんど認めませんが、病状の進行とともにさまざまな局所症状や全身症状が出現します。



検査

画像検査(胸部CTなど)、腫瘍マーカー検査を行います。これらの検査で肺がんが疑われる場合に、気管支鏡検査などにより病理診断にて確定診断を行います。



治療

手術、放射線治療、抗がん剤治療、分子標的薬治療、など
現在、肺がんの手術を主とした治療方法の選択は、組織型と病期から行います。組織型には、腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、小細胞がんなどがあります。病期には、早い段階から順にIA期、IB期、IIA期、IIB期、IIIA期、IIIB期、IV期があります。
非小細胞がんの場合はIA期からIIIA期までが手術を中心とした治療の対象となり、小細胞がんの場合はI期のみが手術の対象となります。肺は右肺が3つ、左肺が2つのブロック(肺葉)に分かれていますが、標準的な手術方法は肺葉切除とリンパ節郭清です。



総合医療センターで行う治療

CTで偶発的に見つかる早い段階の肺腺がんに対して、いくつかの指標を用いて適切なタイミングで手術を行うようにします。これは特に多発肺腺がんに対しても重要となります。
積極的に低侵襲手術を行います。多くの状況で、完全鏡視下肺葉切除+リンパ節郭清を行っていきます。
耐術能についての評価から生理機能の温存を行う肺葉未満の切除やその代替となる治療を検討します。
リスクが高い状況でも、拡大手術などにより根治を目指せる可能性があるかどうか、患者さんと相談していきます。
病期によっては、完全切除した後でも抗がん剤治療を補助的に行った方が予後が良いというデータがあります。その適応には臨床倫理的な判断をしていきます。

ページの先頭へ

注:記載内容や医師情報は掲載時点のものです。 詳しくは担当診療科にご確認ください。


呼吸器外科 助教中野 隆仁(なかの たかひと)

中野 隆仁

専門分野:呼吸器外科全般

認定資格:外科専門医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医

呼吸器外科の詳細ページを見る