関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

医療体制

結石治療センター

結石治療センター

結石治療センター センター長(准教授) 室田 卓之
            副センター長(助教) 井上 貴昭


尿路結石症時代の幕開け

 尿路(腎臓・尿管)結石症は泌尿器科の中でも最も頻度の高い病気の一つであり、しかも再発する可能性が非常に高いもので、若い人からご高齢の方まで幅広くこの病気にかかる可能性があります。一生のうちに一度は尿路結石にかかる頻度は男性では7人に1人、女性では15人に1人と10年前に比べ約60%も増えています。また最近ではその原因として生活習慣病・メタボリックシンドロームとの関係も指摘されています。一方、尿路結石症は発生しやすい病気でもあり、腎臓の結石においてはその再発する頻度は3年間で30%、5年間で45%とも言われています。この腎臓の結石の再発を繰り返すことにより、腎臓の機能が低下するだけでなく、この結石を取り除く手術による合併症も無視できないものなのです。さらに比較的患者様にとって低侵襲であるESWL(体外衝撃波尿路結石砕石術)においても、最近は治療後の再発が問題とされており、さらにこの腎臓の結石へのたび重なるESWLの治療により将来、腎臓が小さくなるような(腎機能障害)例も少なくありません。また、他方では腎臓の機能の低下に伴う慢性腎臓病(Chronic Kindnry Disease;CKD)を患うことによる心血管障害(心筋梗塞、狭心症など)の危険性が指摘されており、腎臓の機能をできるだけ温存する治療を選択することは今後とても大切となると思われます。
 また尿路結石の中でも、腎臓の結石は無症状な場合が多く、健診・人間ドックで偶然見つかることも少なくありません。腎臓の結石は小さくて(<5mm)・症状がなければ経過観察されることも多いですが、約4年間で40%増大するとも言われており、無症状のままでおいておくと症状が出現する頃にはかなり大きくなっていることも稀ではありません。また尿管に転げ落ちた結石(尿管結石)に対する治療を行っても、腎臓に残った結石に対する治療は行われずそのまま再び経過を見られることも多く、患者様にとっては再び訪れるかもしれない症状(突然の腰背部痛、血尿、嘔気など)という不安を持ったまま生活を送ることになります。
 最近、そのような腎臓の結石を含めた全ての尿路に対する治療を可能にする手術方法である軟性尿管鏡を用いた経尿道的尿路結石砕石術(f-TUL)が注目を浴びています。この軟性尿管鏡とさらに細いレーザーファイバー(0.2mm)を用いることにより患者様自信、また腎臓に対しても負担が少なく尿管結石、さらに同時に腎臓の結石も治療ができるようになりました。当施設では、このf-TULを2年前から始め現在までに300人の尿管・腎臓の結石の患者さんを治療しています。さらにこれらの治療を全身麻酔で行うことにより患者様が眠っている間に手術を終えるようにしています。
 現在、当院では治療を終えた患者様に対して再発予防のための栄養指導・生活指導に力を入れており、患者様のQOL(生活の質)を最も重視した治療を志し取り組んでいます。

医療体制 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時