関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

医療体制

甲状腺外科センター

甲状腺外科センター

甲状腺外科センター センター長 岩井 大

関西医科大学附属滝井病院教授
耳鼻咽喉科部長
甲状腺外科センター センター長
日本甲状腺外科専門医、他

甲状腺外科センター

滝井病院耳鼻咽喉科は文字通り、耳・鼻・咽喉(のど)領域の疾患を治療するとともに、頭頸部(顔面神経や口腔、耳下腺・甲状腺・副甲状腺を含めた頸部)の内科的治療、外科(手術)的治療を専門としています。
こうした中で最近、甲状腺疾患に対する診断・治療は大変進歩し、当院ではこれに合わせて専門性を拡充してまいりました。
すなわち、
1)「PET-CT」(2014年導入)により、甲状腺癌の進展・転移・再発の診断精度がより高まりました。
2)これまで制限のあった「外来通院での放射性ヨード(I-131)内用(内服)療法」を、厚生労働省の認可(2011年)に合わせ当科で開始いたしました。甲状腺癌の高危険度群(進展例)では、甲状腺全摘術やリンパ節郭清術を含めた腫瘍切除ののちこの治療を行います。(甲状腺機能亢進症のバセドウ病に対する放射性ヨード内用療法は以前から行っています)。
3)これまで甲状腺癌に有効性のある抗癌剤(化学療法)はありませんでしたが、最近になって新薬「分子標的薬」が開発され、保険で認可され、使用できるようになりました。
4)当院が総合病院であることを活かし、耳鼻咽喉科、内科(内分泌内科腫瘍内科)、小児科放射線科形成外科心臓血管外科などが連携した「甲状腺疾患のチーム医療」による診断・治療システムを構築しています。
5)甲状腺癌やその頸部リンパ節転移の有無を診断できる「術前のエコー下吸引細胞診」を以前より行っており、外来初診時に即座に行え、1週間後には結果が判明します。

甲状腺疾患を専門になさっている病院は日本でもすでに多くありますが、上記のごとく甲状腺疾患の診断法・治療法は日々進歩しており、また、甲状腺疾患患者は増加の傾向にあります。こうしたことから当院では、甲状腺外科センターを開設し、医療の充実を図りつつ甲状腺疾患の患者さんに対応してまいりたいと考えています。ご利用いただければと存じております。
 

医療体制 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時