関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

医療体制

薬剤部

薬剤部

薬剤部長  富田 浩
薬剤部は病院の基本理念をふまえ、質の高い安全な医療を提供し、患者さんが安心して薬物治療が受けられるように最善をつくしていきたいと考えています。
現代は新しい薬が次々と開発され変化する医療のなかで、薬についての正しい情報を、患者さんおよび医療従事者に提供することが、効果的かつ安全な薬物治療につながると考え、日々研鑽を積み努力しています。
現在、薬剤部では、薬品管理、調剤、医薬品情報管理、入院患者さん対象の薬剤管理指導などを通して、感染防御、栄養管理、褥瘡管理、緩和ケアなどの医療チームにも参画し、幅広い薬剤師業務を展開しています。
また、大学病院であることから、教育・研究面の分野でも充実をはかり、日本医療薬学会認定薬剤師制度による研修施設に認定されています。薬学6年制の教育では、長期実務実習による薬学生の受け入れにあたり、認定実務実習指導薬剤師認定を4名の薬剤師が取得しています。将来の薬剤師の育成にも貢献しています。

薬剤部の特徴

薬品管理

病院の中で使用される医薬品を購入し、品質管理を行いながら在庫し、必要なときに病院内の各部所に供給できるような体制をとっています。
そして個々の医薬品の発注・在庫状況を把握し、採用医薬品の見直しを行い、経済的な管理も行っています。

調剤

外来患者さんのお薬は、厚生労働省による医薬分業推進の方針に従い、院外処方せんの交付を行い、保健薬局で調剤・お薬を受け取っていただくようにとなっています。
入院患者さんの調剤は、適正に安全な薬物治療ができるように、処方監査を行い、必要に応じて疑義照会をした後、正確な調製を心がけています。

注射用抗がん剤の調整

安全で効果的ながん化学療法を提供できるように、抗がん剤の薬物治療レジメン管理および処方せん監査を行った後、安全キャビネットで抗がん剤を無菌的に調製しています。
外来化学療法室では近接する薬剤準備室で実施しています。

医薬品情報管理

医薬品に関する医療スタッフからの問い合せの対応をする一方、必要な医薬品情報については積極的に関係部所に提供しています。
また、医療情報システムにおける医薬品マスターの管理、オンライン医薬品情報システムのメンテナンス、保険薬事委員会の運営を担当しています。

チーム医療と薬剤管理指導

病院内では、医師、看護師などと協働するチーム医療の中で、医療スタッフに医薬品の適正使用につながる情報を提供する一方で、ひとりひとりの患者さんの大切な情報を共有することにより、入院患者さんをサポートし、関西医科大学附属滝井病院として最高の医療チームで提供しています。
また、あらゆる場面で、医薬品にかかわるリスクの防止にも努めています。例えば、患者さんが入院して来られたときに持参薬を確認することもそのひとつです。
個々の患者さんをとりまくチーム医療では、入院中はもちろんのこと、退院後もお薬を正しく安全に服用していただけるように必要な説明をしています。
一方で、病院横断的なチーム医療の幅広い活動のうち、感染防御チーム(ICT)、褥瘡管理チーム、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチーム、糖尿病教室、肝臓病教室などに薬剤師が参画し、他の医療従事者と連携を図り、医薬品の適正で安全な使用をめざしています。

薬剤部の実績

≪平成23年4月現在の各種学会等の認定取得状況≫

日本医療薬学会の認定薬剤師・指導薬剤師 : 3名
日本糖尿病療養指導士認定機構の日本糖尿病療養指導士 : 5名
日本静脈経腸栄養学会のNST専門療法士 : 1名
日本臨床薬理学会の認定CRC : 2名
日本薬剤師研修センターの認定実務実習指導薬剤師 : 4名

医療体制 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時