関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

医療体制

心臓血管病センター

心臓血管病センター

心臓血管病センター長(教授) 川副 浩平

昭和46年 3月 奈良県立医科大学卒業
昭和46年 5月 東京女子医科大学日本心臓血圧研究所外科入局
昭和53年 5月 国立循環器病センター心臓血管外科勤務
昭和59年 7月 国立循環器病センター心臓血管外科 医長
平成 4年10月 岩手医科大学外科学第三講座教授
平成12年 4月 岩手医科大学附属循環器医療センター長兼任
平成15年 4月 岩手医科大学附属病院長兼任 
平成18年 7月 医療法人草津総合病院長
平成20年 9月 財団法人聖路加国際病院心血管センター長
平成25年 4月 関西医科大学附属滝井病院血管病センター長     

 この度、4月1日付けで心臓血管病センター・センター長を拝命しました。
 私は、東京女子医科大学榊原外科で7年間、心臓血管外科を研修し、国立循環器病センター(当時)では14年間自己研鑽を積む機会を得ました。その後は心臓外科診療と心臓血管施設づ作りの二足の草鞋を履いて、成り立ちの異なる3つの病院に勤務してまいりました。このたび関西医科大学から、滝井病院心臓血管病センターの再スタートを命ぜられましたのは、このような経験を評価していただいたものと思っています。
 さて、今日における心臓血管病は、社会の高齢化と共に患者さんの病態が併存疾患の間で複合化し、診断・治療がますます複雑になる傾向にあります。今までのように、一度だけのいかも単一の治療ですべてが解決せず、補助療法や再発予防のための治療を要するケースが増加しつつあります。そのため私たちは、病院のあらゆる機能を活かして総合的かつ包括的な診療を展開するtことをコンセプトに、診療体制面でも既成の枠組みを超えた組織を目指したいと思っています。つまり心臓病から四肢末梢血管疾患まですべての循環器病を包括して、予防医療からリハビリテーションまで総合的に幅広く対応できるセンター作りを進めて行くつもりです。また一方で、心臓血管病の治療においては、カテーテルによる低侵襲手術が目覚しい発展を遂げています。当センターでもこれらの進歩に対応できる体制の整備をすすめ、最先端の医療を提供できる施設にしたいと考えています。
 皆様の期待に応えられるセンターであり続けられるよう力を尽くす所存ですので、何卒ご支援賜りますようお願い申し上げます。

医療体制 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時