関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

末梢血管外科

末梢血管外科

末梢血管外科教授・血管内治療センター長 駒井 宏好

昭和60年 3月 和歌山県立医科大学 卒業
平成11年 7月 和歌山県立医科大学 講師
平成14年 4月 済生会和歌山病院   勤務
平成18年10月 済生会和歌山病院   心臓血管外科部長
平成20年 4月 東京医科大学      血管外科 講師
平成23年 4月 東京医科大学八王子医療センター 心臓血管外科准教授
平成25年 2月 関西医科大学附属滝井病院 
            末梢血管外科教授、血管内治療センター長   現在に至る

末梢血管外科外来の再開について

 閉塞性動脈硬化症は高齢化社会となり、ますます増加しております。虚血性心疾患、脳血管疾患と同様、動脈硬化性疾患であるため潜在的な患者は高齢者の実に9%にのぼるとのデータもあります。しかし、せっかく家庭医や病院総合診療医が患者を見つけても心や脳とは違い、「いつ、どこに送れば適切な治療がなされるのか皆目見当がつかない」といったことが現状ではないでしょうか。我々はそのような患者の受け皿として、軽症例においては非侵襲的な治療方針を決定し、家庭医にお返しすること、また重症例では私の得意とする足関節部に至るまでのバイパス術などで壊死が始まった足でも元の血流に戻し歩いて帰れることを目指します。大動脈瘤では破裂例は当然のことながら緊急手術を、非破裂例では手術の安全性を検討した上でのステントグラフト内挿術を含む手術的治療を考えてまいります。静脈瘤は通常のものはレーザー治療で楽に治療しますが、世の中にまだ少なからずいらっしゃる潰瘍を伴うような重症例を大学病院としては積極的に治療していかなければなりません。いずれの疾患においても患者さんの納得のいく、できるだけ低侵襲な治療で足を、命を、そしてより良い生活の質を守るべく努力してまいります。
 どんな患者さんも拒まず受入れ、地域医療のために一翼を担う所存でやってまいりますので、脈管疾患が疑われる患者さんは遠慮なしにご相談下さい。

滝井病院フットケアチーム

 医師、看護師、検査技師、運動療法士、病院事務員など多職種で患者様の足を守ろう、と2013年より滝井病院フットケアチームが活動しています。この組織は末梢血管外科の元に置かれており密に連携しながら日々の診療を行っています。
 詳しい活動は下記リンクを参照ください。
 一般市民の方におかれましては、足を守る我々の院内早期発見システム「滝井フットスキャン」や各種講演会、無料診断、無料市民公開講座などが行われる「TAKE! ABI in KANSAI」のご案内などをご参照いただければと思います。また、医療関係者の方におかれましては、コメディカルレベルで足病を早期発見するシステム「北河内連携フットスキャン」のご案内もご参考にしていただければ幸いです。
 病院挙げての足病に対する我々の取り組みにどうぞご期待ください!

滝井病院フットケアチーム 代表 駒井宏好
北河内連携フットスキャン ゲートキーパー看護師 大久保 縁

フットケアチームのページへ

患者のみなさまへ

 動脈硬化はがんと並んで現代の日本国民の死因の重要な疾患であるばかりか、生きている間も大変な思いをする病気であります。狭心症や心筋梗塞、脳出血、脳梗塞と同じ理屈で足に血液を送る動脈にも動脈硬化が生じ、いろいろな症状が出現します。「ひとは血管とともに老いる」「足は動脈硬化の窓」などの言葉があるようにごく微細な足の症状が動脈硬化の早期発見の糸口になることがあります。同じ長生きするなら自分の足で歩きながら有意義な生活を送るようにしたいものです。また足に届いた血液を心臓に返す役割の静脈に異常が生じるとひどくはないけれど仕事や日常生活に支障のある問題が生じることがあります。我慢せず治せるものは治した方がいい場合があります
 次のような症状がある方はぜひ家庭医の先生にご相談いただき我々の病院に紹介していただければと思います。

1.ある一定距離、一定時間歩くと足が張り痛んで歩けなくなる、しかし少し休むとまた歩けるようになる。いつもこの症状が変わらない。(閉塞性動脈硬化症の可能性)
2.足の指先に傷ができて何ヶ月みてもらってもなおらない。(閉塞性動脈硬化症の可能性)
3.足の指先が黒くなり痛む。(閉塞性動脈硬化症の可能性)
4.足の血管がミミズのように浮き出ている。(静脈瘤の可能性)
5.立っているとすぐ足がだるくなり座りたくなる、こむら返り(足の「つり」)がひどい。(静脈瘤の可能性)
6.片足だけがある日突然見てすぐわかるほど太く腫れ上がる。(深部静脈血栓症の可能性)
7.不整脈がありある日突然足先に堪え難い痛みが生じ、色が悪くなる。(急性動脈閉塞の可能性)
8.無症状だがおへそのあたりにドキドキするこぶが触る。(大動脈瘤の可能性)

 我々はもし治療の必要がない患者さんが来た場合、治療が必要なくてよかったですね、とご説明してお帰りいただくことを全く無駄とは思っておりません。家庭医の先生とよくご相談して遠慮なく受診下さい。但し患者さんが多いときはお待たせすることがありますのでそのことだけはご了解ください。

<各血管病の詳細は下記リンクを参照ください>
 ① 腹部大動脈瘤の患者さんへ
 ② 下肢静脈瘤の患者さんへ
 ③ 閉塞性動脈硬化症の患者さんへ

医療関係のみなさまへ

血管外科に興味のある医師、医学生のかたへ <研修のご案内>

 当科は関西医科大学外科学講座のなかの一診療科として診療・教育・研究に携わっています。血管外科、血管診療に興味のある先生はぜひ一度我々の病院に見学に来てください。日常の診療のようす、手術や血管内治療、病院の設備、診療システムなどを見ていただき、ここで勉強したい、と思われる方は遠慮なくご相談ください。短期見学、長期国内研修、専門医取得のための研修、入局、関連病院出向など様々な形で先生方の血管病診療の研修にお役立ていただけるよう考慮いたします。また血管外科をやっていくうえで必要な資格(外科専門医、脈管専門医、心臓血管外科専門医など)は当科に所属していても外科学講座、関連各科と連携して取得できるようにしております。我こそは、と思われる方はぜひご連絡ください。

連絡先:関西医科大学附属滝井病院 末梢血管外科 駒井宏好
Email: komaihir@takii.kmu.ac.jp

専門医制度と連携したデータベース事業について

病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。
そこで、日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するために、「一般社団法人National Clinical database」(以下、NCD)を立ち上げ、データベース事業を開始することになりました。
この法人における事業を通して、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。
何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


                          法人National Clinical database 代表理事 里美 進
                                                 http://www.ncd.or.jp/
詳細はこちらをご参照ください。PDFダウンロード

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
駒井 宏好 教授  末梢血管外科 日本外科学会
(認定医、専門医、指導医)
日本循環器科学会 
日本心臓血管外科学会
(国際会員、専門医、修練指導者)
日本脈管学会(評議員、専門医)
日本血管外科学会(評議員)
日本静脈学会(評議員)
日本臨床外科学会
深山 紀幸 助教 末梢血管外科 日本外科学会専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
腹部ステント・グラフト実施医・指導医
坂下 英樹 助教 末梢血管外科 日本外科学会指導医
日本心臓血管外科学会専門医
腹部ステント・グラフト指導医

トピックス

平成27年1月24日(土)、関西血管外科基本手技ビデオセミナーを開催しました。
こちらをご参照ください。

平成25年4月25日(木)付、毎日新聞朝刊に取り上げられました。
こちらをご参照ください。 (毎日新聞社許諾済み)

お知らせ

9月12日(土) Take ! ABI 2015 in KANSAI開催のお知らせ
詳細はこちらをご覧ください。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時