関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

肝胆膵外科

肝胆膵外科

肝胆膵外科 科長 北出 浩章

 私は関西医科大学第一外科時代から長年肝胆膵疾患の研究、臨床に携わってきました。その間、京都大学移植外科、ルーヴァンカトリック大学(ベルギー)で臓器移植の研究、臨床を行いました。2003年からは関西医大附属病院で肝胆膵疾患の臨床を中心に行っており、最近10年間では肝臓・胆道・膵臓の悪性疾患(癌、転移性腫瘍など)の手術を400例以上、良性疾患(胆石など)の手術を500例以上行ってきました。肝胆膵外科学会高度技能指導医として、自ら執刀するとともに後進の指導も行っています。
 腹腔鏡下肝切除が可能な症例は腹腔鏡で行い患者さんの体への影響を最小限にとどめるよう心がけています。外科医ではありますが、手術よりは内科的治療や放射線治療が適していると判断した場合は他科との協力のもと手術以外の治療法をお勧めする場合もあります。私は肝胆膵疾患の手術を広く行っていますが、その利点はたくさんあります。例えば胆管(肝臓と膵臓、十二指腸の間にある胆汁の流れる管)に悪性腫瘍があり、肝臓も膵臓も切らないといけない場合などは肝切除の経験も膵切除の経験も豊富ですので、一人で肝臓と膵臓を切除することができます。また、腹腔鏡下での手術に習熟しているので腹腔鏡を用いた肝切除も行えます。
 また、大学附属病院の外科といえば癌などの悪性疾患ばかりを治療しているように思われる方がいらっしゃいますが、前述したように良性疾患の手術も行っています。悪性疾患の手術経験が豊富だからこそ、胆石など良性疾患の手術も安全に行うことが可能になります。私は現在まで500例以上の腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っていますが、幸い合併症は殆ど経験していません。
 
 肝胆膵疾患専門の外来を月曜日の午前・午後、水曜日の午前・午後、金曜日の午前に枠を拡げて行いますので、肝胆膵の良性・悪性疾患や胆石でお困りの方は肝胆膵外来でご相談下さい。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時