関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

消化器肝臓内科

消化器肝臓内科

消化器肝臓内科 診療部長 教授 關 壽人
消化器肝臓内科は食道・胃・十二指腸、小腸、大腸・肝臓・胆嚢・膵臓の病気を対象にする診療部門です。
当科では、常に現状の診療能力に甘えることなく、向上心を持ち、大学病院として最先端の診療レベルを維持し、安全で安心できる医療を提供することを心がけています。
特に治療に関しては、がん治療を含め、患者さんに負担の少ない治療を実践することを基本姿勢としています。
また、当科に関連する病気は慢性の病気も多く、長期の通院が必要なため、患者さん、ご家族の方との日々のコミュニケーションがより重要と考えており、診療に関して納得いただけるよう、十分な説明を心がけています。

科の特徴

消化器肝臓内科は消化管(食道・胃・腸)・肝・胆・膵領域の疾患を対象にする診療部門です。

A:肝臓部門

関西医科大学附属滝井病院は2008年7月に大阪府肝疾患診療連携拠点病院(府内5施設)に指定されました。それに伴い附属滝井病院内に肝疾患センター(現 肝臓病センター)が2009年3月に開設され、当科は肝臓病センターの中心的役割を果たしています。
さらに肝炎の総合対策を盛り込んだ肝炎対策基本法が2009年12月30日に成立し、肝疾患診療は新たな局面を迎えています、かかる状況の中で、当科では関連各科と協力し様々な肝疾患に対し高度で先進的な医療が実践されています。
当部門は、急性肝炎(劇症肝炎)・慢性肝炎・肝硬変・肝癌、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、難治性の肝臓病である自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変症さらに生活習慣病に関連した脂肪肝・脂肪性肝炎などを対象としています。

1.劇症肝炎など肝不全に対し、救命救急センターの協力のもと、血液浄化療法を中心に最高水準の集学的治療を提供し救命率向上に努めています。
2.慢性肝炎(B、C型ウイルス性肝炎)に対しては、肝生検に基づいた病期診断を行い、インターフェロンをはじめ最新の抗ウイルス療法を提供しています。
3.肝癌(肝細胞癌、転移性肝癌)に対しては、各種画像診断、腫瘍生検により早期診断に努め、放射線科協力のもと血管造影下のCT検査を駆使し、マイクロ波、ラジオ波など医療工学機器を用いた最先端治療と肝動脈塞栓療法を用いて集学的治療を実践しています。高度進行肝癌に対しては、分子標的薬を用いた全身化学療法、リザーバーによる抗がん剤動注治療や放射線照射療法などを行っています。
4.肝移植に関しては、近畿圏の移植外科との連携を基に、肝移植の窓口となるべく、積極的に取り組んでいます。

B:消化管部門

上部消化管(食道・胃・十二指腸)疾患の診断には、経口内視鏡による検査に加えて経鼻内視鏡を導入し苦痛の少ない検査を心がけています。食道癌や胃癌のリスクの高い患者さんには、内視鏡検査時に通常光観察に加えて特殊光(NBI)観察を行い癌の早期発見に努めています。早期の食道癌や胃癌に対して超音波内視鏡による深達度評価を行い、低侵襲治療である粘膜切除術(EMR)や粘膜切開剥離術(ESD)などの内視鏡的治療に積極的に取り組んでいます。
胃十二指腸潰瘍の再発予防や悪性胃リンパ腫に対する非外科的治療法としてヘリコバクターピロリの除菌療法を施行しています。胃十二指腸潰瘍などの消化管出血や食道静脈瘤に対する内視鏡的治療も積極的に行っています。
小腸疾患に対しては、X線透視、CTなどの検査に加えて枚方病院と連携してカプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡検査による診断を行っています。大腸疾患の内視鏡による早期診断とポリープ・早期癌に対する内視鏡的治療に精力を注いでいます。潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患の診断・治療にも取り組んでいます。

C:胆膵部門

胆・膵部門では、総胆管結石の内視鏡的治療、悪性疾患による閉塞性黄疸に対して内視鏡的ステント挿入などに力を入れています。
(診療内容) 腹部超音波、CT、MRIによるスクリーニング、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)などによる精密検査を行い、胆膵悪性腫瘍の存在診断および進展度診断を行っています。手術不能例ではERBDなどの減黄術をはじめ、QOLを保つための種々の対症療法を行っています。総胆管結石による胆管炎に対しては内視鏡的乳頭切開術(EST)及び拡張術(EPBD)で対応しています。

当科と関連のある学会指導施設としては日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本超音波医学会などがあり、それぞれの専門医・指導医を擁しています。従いまして、消化器・肝臓病診療に関するセカンドオピニオンも受け入れています。
以上のように関西医大附属滝井病院の消化器肝臓内科は専門性を発揮しつつ全人的診療にあたることをモットーに、常に患者さんにより良い医療を提供できるように努めています。

科の実績

診療実績(2012年度実績)

平均入院患者数  45.7人/日
平均在院日数  13.1日
平均外来患者数 103.4人/日

                                                       
    
  

検査・治療実績(2012年度実績)

上部内視鏡検査  2,107件
経鼻内視鏡検査 123件
下部内視鏡検査 1,181件
胃粘膜下剥離術(ESD)、胃粘膜切除術(EMR)
36件
 消化管緊急止血術 26件
内視鏡的大腸ポリープ切除術   206件
超音波内視鏡  21件
ERCP 127件
胆膵ステント件数 77件
胆膵処置 52件
腹部超音波検査(腹部超音波分室) 3,397件
肝生検 212件
インターフェロン治療(新規開始例) 36件
肝癌局所治療(ラジオ波焼灼術、マイクロ波凝固術、エタノール注入術) 145件
肝動脈(化学)塞栓療法[TA(C)E]等 236件

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
關 壽人  教授
副病院長
肝臓病センター長
 
消化器、肝臓疾患(特に肝疾患の診断と治療、肝癌) 総合内科専門医、消化器病指導医、肝臓指導医、超音波指導医、消化器内視鏡専門医、がん治療暫定教育医、がん治療認定医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害・小腸機能障害)
西尾 彰功 教授 消化器全般(特に消化管の内視鏡診断と治療、炎症性腸疾患) 総合内科専門医、消化器病指導医、肝臓指導医、消化器内視鏡指導医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)
松崎 恒一  准教授 消化器全般、肝臓疾患(特に肝疾患の診断と治療) 消化器病専門医、肝臓専門医、認定内科医
松下 光伸 准教授 消化器全般(特に内視鏡診断と治療) 総合内科専門医、消化器病指導医、消化器内視鏡指導医、病理解剖医
中橋 佳嗣 講師 消化器全般、肝臓疾患
(特に肝疾患の診断と治療)
消化器病専門医、肝臓専門医、認定内科医
鉢嶺 大作  講師
病棟医長
消化器全般(特に消化管の内視鏡診断と治療)  認定内科医
柴谷 伸行  講師
外来医長
消化器全般(特に内視鏡診断と治療) 消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、 肝臓専門医、ピロリ菌感染症認定医、認定内科医
三好 秀明 助教 消化器全般(特に内視鏡診断と治療) 総合内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医
村田 美樹  助教 消化器、肝疾患(特に慢性肝炎の診断と治療) 消化器病専門医、肝臓専門医、認定内科医
井口 亮輔 助教 消化器、肝臓疾患(特に肝疾患の診断と治療、肝癌) 消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医、認定内科医
川村 梨那子 助教 消化器、肝臓疾患 消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、認定内科医
松井 芙美 助教 消化器全般(特に内視鏡診断と治療) 消化器内視鏡専門医、認定内科医
中丸 洸 任期付助教 消化器病学、消化器内視鏡学  
伊藤 嵩志 任期付助教 消化器病学、消化器内視鏡学  
青井 麻美子 任期付助教 消化器学会、消化器内視鏡学  
斉藤 夏子 任期付助教 消化器病学、消化器内視鏡学  
堀谷 俊介 任期付助教 消化器病学、消化器内視鏡学  
内山 正三  非常勤講師 腹部超音波検査 超音波指導医
河島 祥彦 非常勤講師 消化器全般(特に内視鏡診断と内視鏡的治療) 消化器内視鏡指導医、肝臓専門医、消化器病専門医、認定内科医
明石 夕香 非常勤講師 肝疾患全般(特に慢性肝炎、肝硬変)、超音波検査 超音波指導医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医
是枝 ちづ 医員 消化器、肝臓疾患(特に肝疾患の診断と治療) 消化器病指導医、肝臓指導医、消化器内視鏡専門医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、認定内科医
池田 耕造 医員 消化器病学、肝臓病学(特に肝癌)  
谷野 朋子 医員    

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時30分~午後3時30分
土曜日:午前9時30分~午前11時