関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

小児科

小児科

小児科 診療部長 石崎 優子
滝井病院小児科は15歳未満の心身症、発達障害、神経などの病気を主に取り扱っています。基礎に病気がある子どもたちが成人するまで、病気を治すことと共に、病気とどうつきあうかを看護師、ソーシャルワーカー、保健師とチームを作り、子どもたちやご家族とともに考えていきます。また長期の入院の子どもたちに集団生活の経験を培い、少しでも勉強の遅れをとりもどすために小児病棟に併設の院内学級で勉強し、教師と連絡をとりながら子どもたちの学習面でのケアを提供しています。

科の特徴

関西医科大学の附属病院のうち、滝井病院では神経、心身症、発達障害などの慢性疾患の成育医療を目指しています。基礎疾患のあるこどもを身体面だけではなく、神経心理発達面、心身面からみた全人的な医療と実践し、教育と連携しながら、じっくり成人になるまで関わっていきたいと考えています。

入院での特色

小児科病棟は、関西医科大学滝井病院でもっとも新しい北館の2階に位置します。急性期感染症などの疾患ももちろん受け入れます。
当院の入院の特徴は、心身症(神経性無食欲症、起立性調節障害、過敏性腸症候群、不登校)、神経・筋疾患(てんかんのコントロール、在宅ケアにむけての指導、筋生検)を積極的に受け入れていることです。小児病棟には院内学級が併設され、長期間(2週間以上)の入院でも普通の学校と同様に学習することができます。病棟カンファレンスは看護師も含め、週2回実施しており、それぞれの専門分野のスタッフが違った角度から意見を交わし、全人的な小児医療を心がけています。
尚当院小児科は、閉鎖病棟はなく、児童精神化疾患の入院はできません。

外来面での特色

外来は初診時15歳未満の小児患者に対応しています。当院小児科では慢性疾患をじっくり見ることを目標としていますので、予約が原則となりますが、一般の肺炎などの急性期疾患にも対応できるように診療しています。

得意な分野は心身症(神経性無食欲症、起立性調節障害、過敏性腸症候群)、発達障害(自閉症スペクトラム症候群、ADHD)、神経・筋疾患(てんかん、脳性麻痺、筋疾患)です。

特殊な検査:

発達・心理テストを心身症の子どもや発達障害の子どもに施行しています。その場合は「こころと体の発達支援センター」で自費診療・予約制となります。
脳波、誘発電位、MRI、CTなどは適宜、保険診療で行えます。

専門医の習得:

常勤スタッフは部長以下5名でそれぞれの専門分野の医師が後期研修医や、初期研修医の指導に当たっています。当施設で習得できる専門医は日本小児科学会認定小児科専門医、日本小児心身医学会認定医、日本てんかん学会認定医、日本神経学会専門医で多岐にわたっています。学会によっても異なりますが、後期研修3年から5年でそれぞれの専門医の資格が習得できます。

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
石崎 優子 准教授 小児心身症・発達障害 日本小児科学会専門医
日本心身医学会指導医
日本小児心身医学会認定医・指導医
日本小児科医会認定「こどものこころの相談医」
荒木 敦 准教授 小児神経学 小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
日本てんかん学会認定医
古賀 智子 助教 小児神経学 日本小児科学会専門医
柳本 嘉時 助教 小児心身症・発達障害 日本小児科学会専門医
日本小児科医会認定「こどものこころの相談医」

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時