関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科 診療部長 菅 俊光
リハビリテーション科は、病気により体力の低下や麻痺を生じたり、手術の後に動けなくなるなどの障害が引き起こされた場合に、筋力や持久力をつけたり関節の動きを良くしたり、日常生活で行う動作の練習を行ったり、便利な道具(義肢、装具や自助具)を用いたりして社会生活への復帰を支援する診療科です。特に、滝井病院リハビリテーション科では、発病早期から十分なリハビリテーション医療が提供できるように心がけています。また、病気や障害だけでなく住環境や介護保険などの導入など社会環境も考えたリハ医療を行うに心がけています。主な対象は入院患者なりますが、状況により外来患者も対象となる場合がありますので、どうぞご相談ください。

科の特徴

リハビリテーション科の対象疾患は、脳卒中、頭部の外傷、脊髄の損傷、パーキンソン病などの神経疾患、手足の切断、骨折、変形性関節症、関節リウマチを含む膠原病、心臓や肺の病気、脳性麻痺や二分脊椎などの子供の病気などさまざまな病気があげられますが、内科や外科の病気で動けなくなった場合や手術の後に早期離床を図る場合も対象になります。
上記の病気によって引き起こされた障害がリハビリテーションにより回復の見込みがあるかどうかをリハビリテーション医が診断して、その方に適した治療を行います。リハビリテーションの治療には理学療法、作業療法、言語療法があり、それぞれの療法士が担当してします。
理学療法とは、麻痺や体力低下によって、座る、立つ、歩くなどの基本動作ができなくなった方に対して、からだの機能や能力の回復をはかる目的で行う訓練です。麻痺が完全に治らない場合には、残された能力を最大限に生かして社会復帰をめざすことになります。その他には,手術前後の呼吸訓練や義肢・装具を用いた訓練などを行います。
作業療法とは、麻痺などによって腕に力が入らなくなったり、手先の細かい動作ができなくなり、食事、歯磨き、着替え、トイレ動作や入浴動作などが上手にできなくなった方に対して、身の回りの動作が円滑に行えることを目指して行われる訓練です。作業療法では、からだの機能や能力の回復をはかるだけでなく、便利な道具を使って動作が自分で行えるようにすることなども含まれます。
言語療法とは、話すこと、言葉を理解することができなくなった場合や、顔や口の動きが悪くしゃべりにくくなった場合、あるいは記憶の障害などが引き起こされた場合に訓練を行います。言語機能の改善を目指しながら、ご家族の方にもどのように患者さんと接したらよいかを助言します。その他には、食べることの障害に対する嚥下訓練も行います。

◎脳卒中後遺症に対するボツリヌス療法や、機能的電気刺激療法にも積極的に取り組んでいます。

科の実績

リハ依頼件数

2007年959件 2008年1283件 2009年1446件

2009年の内訳

整形外科 792件、救命科154件、神経内科93件、脳神経外科91件、形成外科41件、外科34件、小児科37件、内科(神経内科を除く)136件、その他68件

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
菅 俊光 部長 リハビリテーション全般 日本リハビリテーション学会専門医・指導責任者、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会認定医、介護支援専門員
佐藤 公彦 後期研修医 リハビリテーション全般  
須藤 圭治  理学療法士   介護支援専門員・呼吸療法認定士
左古 多佳子  理学療法士   介護支援専門員・呼吸療法認定士
今井 義廣 理学療法士   呼吸療法認定士
池田 眞里子 理学療法士   呼吸療法認定士、福祉住環境コーディネーター2級
奥野 秀樹 理学療法士    
和田 健吾 理学療法士   呼吸療法認定士
原田 浩介 理学療法士    呼吸療法認定士
山本 博章 理学療法士   呼吸療法認定士
仲間 朋子 理学療法士   呼吸療法認定士
新古 聖子 作業療法士    
古原 将馬 作業療法士    
斎藤 安貴 作業療法士    
山本 奈保子 作業療法士     
源 奈緒 言語聴覚士    
神野 志穂 言語聴覚士     
金井 正孝  医療技術補助員(マッサージ師)    

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時