関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

皮膚科

皮膚科

皮膚科部長  教授 清原 隆宏
 当科では皮膚病変を有するあらゆる疾患に対して、正確な診断に基づいたきめ細かい治療を目指しています。アトピー性皮膚炎・接触皮膚炎・蕁麻疹・薬剤アレルギーなどの頻度の高い皮膚疾患はもちろん、サルコイドーシス・膠原病・血管炎のように皮膚病変を伴う全身性疾患の診療も積極的に行っています。乾癬に対する生物学的製剤による治療や多くの皮膚疾患に対する紫外線療法などについては、日本有数の施設です。皮膚がん・皮膚悪性リンパ腫などの悪性腫瘍に対して、年齢や進行度に応じた最適な治療を心掛け、侵襲度の少ない‘切らずに治す’皮膚がん治療にも積極的に取り組んでいます。さらに、他施設においてダーモスコピー診断や病理診断に苦慮されている患者さんに対する診断コンサルトを積極的に受け入れています。

科の特徴

当科では各種皮膚疾患に対して、下記のような診療に努めています。
1、 アトピー性皮膚炎
重症度に応じた強さのステロイド剤と保湿剤の外用を標準療法としています。重症患者さんには免疫抑制剤内服療法や紫外線照射療法も積極的に行います。

2、 薬剤アレルギー
原因薬剤が確定されていない患者さんに対して、原因薬剤と安全薬剤を確認する各種検査を施行しています。検査目的の短期入院が可能です。

3、 サルコイドーシス・肉芽腫
診断に苦慮することの多い疾患群ですが、正確に診断し適切な治療を行います。皮膚科施設の中において、サルコイドーシスの症例数は日本屈指です。

4、 膠原病・血管炎
さまざまな皮膚症状を呈する全身性疾患ですが、正確に皮膚病変を評価し、他科との協力により適切な治療を行います。

5、 乾癬
ステロイド剤外用、ビタミンD3製剤外用、ビタミンA誘導体内服、免疫抑制剤内服、紫外線照射療法などの既存の治療を重症度に応じて組み合わせ、近年盛んになってきている生物学的製剤投与を適切に導入します。日本皮膚科学会承認の生物学的製剤実施施設で、日本屈指の症例数を有します。

6、 皮膚がん
メラノーマ、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病などの皮膚がんを正確に診断し、進行度に応じた適切な治療を行います。とくに、高齢者の初期の皮膚がんに対して、抗癌剤外用療法・液体窒素凍結療法・紫外線照射療法・レーザー照射療法・放射線照射療法などの侵襲の少ない‘切らずに治す’皮膚がん治療を積極的に行います。

7、 皮膚リンパ腫
リンパ腫は良性型(反応性)と悪性型に分けられ、皮膚科専門医でも診断が難しいことがあります。当科では免疫組織化学染色や遺伝子解析などを駆使し、リンパ腫を正確に診断し適切に治療します。

科の実績

手術実績(2014年度)

皮膚腫瘍摘出術 232例(良性腫瘍 204例、悪性腫瘍 28例)、植皮術 9例、皮弁 30例、血管腫摘出 5例、皮膚腫摘出 5例、皮膚腫瘍冷凍凝固摘出(良性 90件、悪性 3件)、皮膚切開術 57例、デブリドマン34件、陥入爪手術 9例

検査実績(2014年度)

血液検査 3,298件
皮膚生検  654件
貼付試験(パッチテスト)、スクラッチテスト 55件
光線テスト 37件
ダーモスコピー 396件
蛍光抗体法 80件
真菌検査(直接顕微鏡) 695件
培養検査(真菌、細菌) 142件
                                       
                       
                          

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
清原 隆宏 部長
教授
皮膚病理、皮膚がん、皮膚リンパ腫、ダーモスコピー 皮膚科専門医
皮膚悪性腫瘍指導専門医
谷村 裕嗣  助教 皮膚科一般 皮膚科専門医
槇村 馨  助教 皮膚腫瘍、皮膚外科、褥瘡  
中丸 聖  助教 皮膚科一般  
水田 栄樹 任期付助教 皮膚科一般  
岡本 祐之 教授 免疫・アレルギー性疾患、サルコイドーシス・肉芽腫症、光線過敏、光線治療 皮膚科専門医
水野 可魚  准教授 免疫・アレルギー性疾患、サルコイドーシス・肉芽腫症、尋常性白斑、光線治療、漢方、水疱症 皮膚科専門医
山﨑 文和 講師 免疫・アレルギー性疾患、膠原病、光線過敏、光線治療、脱毛症、水疱症 皮膚科専門医
久米 典子 助教 皮膚外科、皮膚科一般 皮膚科専門医

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時