関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

麻酔科

麻酔科

 滝井病院では平成28年の新病院開院に向けての準備と並行して、通常通りの診療を行っています。麻酔科医の主要な活躍の場は手術室です。手術室で行う、局所麻酔のみの手術以外、全ての症例の麻酔管理を担当しています。手術の予定が決まりましたら、麻酔科医による術前診察を受けて頂き、手術の前に麻酔に関しての詳しい説明をいたします。麻酔方法は、患者様のご要望を取り入れた上で、安全で最適な方法を選択しています。患者様が手術後、早期に回復して日常の生活に戻れるよう、麻酔という手法を通じて術中に加わるさまざまなストレスからお体を守り、術前・術後を含めた周術期全体の全身管理を行っています。私たちは日々の予定手術のみならず、緊急のどのような手術に対しても対応できる麻酔法や技術を提供できる環境を整え、患者さんが安全で快適に手術を乗り越えられるように努めています。
また、疼痛管理のプロフェッショナルとして、手術室外でもペインクリニックや緩和医療を立ち上げ、痛みに悩む患者様の治療に携わっています。 
 

 病棟医長 上村 幸子

 

「麻酔科術前外来とは」

 麻酔科術前外来では、手術を行う際に安全に麻酔が行われることを目的に、麻酔科医が問診や全身の診察を行っています。診察と検査の結果をもとに、手術や麻酔のリスクについて評価し、適切な麻酔方法を提案しています。執刀医とは異なった視点で患者さんの全身状態を評価しますので、手術前から手術後の安全性を高める役割を担っています。

 手術や麻酔には必ずメリット(利点)とともに一定のデメリット(欠点)が伴います。手術や麻酔はメリットがデメリットを上回った時に、選択されるべきものです。患者さんの中には「何も分からないから、先生におまかせ」とおっしゃる方もおられますが、絵や模型を用いながら説明し、麻酔のメリットとデメリットを理解いただき、十分に納得していただいた上で麻酔を受けていただけるよう努めています。

 麻酔に関してわからないことや不明な点がありましたら、遠慮なくご相談下さい。

(術前外来を受診されるかたへのお願い)
 ◎お薬手帳もしくはお薬の説明書(なければお薬そのもの)をお持ち下さい。
 ◎医療機関から渡されている医療情報の手帳(ペースメーカー手帳、透析手帳など)をお持ち下さい。
 ◎未成年の方や、おひとりで麻酔についての説明を受けるのが難しいと思われる方は、お話を一緒
  に聞いていただける成人の方とご一緒にお越し下さい。
 

外来医長 久保 古寿江

 

ペインクリニック・緩和ケアについて

ペインクリニック
 痛みは、身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として大切な役割を持っています。しかし、痛みの原因が明らかとなったあと、痛みは私たちにとって有益な存在から不必要な、さらには有害な存在へと変わっていきます。警告の役割を終えた痛みが長く存在すると、より強い痛みや新しい痛みが現れてくる、いわゆる痛みの悪循環が生じます。痛みが長期化すると私たちの生活の質(Quality of life:QOL)を低下させることにもなります。このような状態に陥った時はもちろんのこと、陥りそうな時には、身体的や精神的な苦痛を適切に緩和することがとても重要になります。
ペインクリニックでは、神経ブロック療法や薬物療法などの様々な方法を用いて、有害な痛みを緩和するための治療を行っています。痛みの治療にあたっては、専門的な知識と技術をもとに、症状や身体所見から痛みの原因を診断し、適切な検査や治療を行います。
ペインクリニックの診療をなるべく円滑に行う為に、初診の方も含めて全予約制としています。かかりつけ医から紹介状をもらい、ペインクリニック外来の受付で予約をお願いします。予約時間は外来に来ていただく時間であり、実際の診療は患者数や治療法などにより遅れることがあります。また神経ブロックを受けたあとは、15~45分のベッド上での安静時間がありますので、時間には余裕をもってお越し下さい。

緩和ケア
 がん治療の進歩にもかかわらず、今でも多くの患者さんがその症状に苦しんでいます。これまでのわが国のがん医療では、治癒率の向上にもっぱら注力してきたと言えます。このため、結果的に「緩和ケア」の考え方が非常に遅れています。緩和ケアとは、治癒を目的とした治療とは異なる積極的で全人的なケアで、痛み、その他の症状コントロール、心理面、社会面、精神面のケアを最優先課題としますが、早期のがんにおいても、がん治療の過程においても適用されるべきです。
ペインクリニック・緩和医療科は、多職種のがんの専門家の集団である緩和ケアチームの中心として活動し、単に身体症状のコントロールだけでなく、こころのケアや社会的なサポートも同時に行い、患者さんのQOL(Quality of life)を総合的に高めることを目的として積極的に活動を行っています。当院は急性期病院ですので、緩和ケア病棟は有していませんが、早期から治療と並行した緩和ケアを実践するように取り組んでいます。
 

ペインクリニック・緩和医療科長 増澤 宗洋

 

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
村尾 浩平 教授 麻酔全般、ペインクリニック全般  麻酔指導医、ペインクリニック専門医
増澤 宗洋 准教授 ペインクリニック全般、緩和医療全般  麻酔指導医、ペインクリニック専門医、日本緩和医療学会専門医
宮本 悦子 講師 麻酔全般  麻酔指導医
上村 幸子  講師 麻酔全般  麻酔指導医
山﨑 悦子 助教 麻酔全般、ペインクリニック全般  麻酔指導医
久保  古寿江 助教 麻酔全般、ペインクリニック全般  麻酔指導医
石田 響 助教 麻酔全般  
宇野 梨恵子 助教 麻酔全般  麻酔標榜医、認定医
内山 祐佳 助教 麻酔全般  麻酔科専門医
串田 温子 助教 麻酔全般  麻酔科専門医
トラバリー・ファラ 助教 麻酔全般  麻酔科標榜医、認定医
添田 岳宏 助教 麻酔全般  
木村 宏実 嘱託医 麻酔全般  麻酔科専門医
藤立 康貴 嘱託医 麻酔全般  麻酔科専門医
池田 栄浩 嘱託医 麻酔全般  麻酔科指導医
田口 仁士 嘱託医 ペインクリニック全般  麻酔指導医、ペインクリニック専門医
小島 研太郎 嘱託医 ペインクリニック全般  麻酔指導医
大石 敬子  嘱託医 ペインクリニック全般  ペインクリニック専門医、麻酔科専門医・指導医
松本 英夫  嘱託医 ペインクリニック全般  ペインクリニック専門医、麻酔科専門医・指導医

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時