関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

救急医学科

救急医学科

救急医学科(救命救急センター) 診療部長 中森 靖
救急医学科は、関西医科大学附属滝井病院の救命救急センターの運営の中心となる診療科です。滝井病院救命救急センターは、厚生労働省の運用指針に沿って、重症以上の生命の危機に瀕している患者さんのみを対象として診療に当たっており、救急現場から救急隊によって直接に搬送される患者さんや、他の病院では手に負えないために紹介された重症、重篤な患者さんのみを扱うように決められております。また、救命救急センターでは次々と発生する重症患者さんを収容できるように、入院された場合にも病状が落ち着き次第、転院などによりベッドを空けて頂き、次の患者さんに備えなければなりませんので、完治されるまで診療を受けていただくことも出来ません。生命の危機に瀕している患者さんだけを、生命の危機が過ぎ去るまでの間のみ診療する部門です。従って、初診の患者さんや紹介患者さんに対する外来診療もありませんのでご了承下さい。

科の特徴

 関西医科大学附属滝井病院救命救急センターは、附属枚方病院高度救命救急センターとともに、大阪の北河内医療圏(守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、交野市、大東市、四条畷市)の救急医療の最後の砦として機能しております。人口120万人の北河内地区内に限らず、隣接する大阪市や、時には更にその周辺地域からの重症の救急患者を引き受けております。また、国内外での災害にも、阪神、東日本大震災をはじめ、インド洋大津波やインド西部地震などにも医師を派遣して、救援活動も行ってきました。多発外傷などの重度外傷、脳卒中や重症感染症、その他のあらゆる重症疾患も広く扱っております。なお、当大学病院には心臓血管病センターが機能しておりますので、循環器救急疾患は原則として心臓血管病センターで診療を行っております。
 関西医科大学救命救急センターは、厚生労働省指定の三次救急医療機関でありますために、重症や重篤な患者さんの診療を行う施設であり、軽症、中等症の一般の患者さんの診療を行うことは出来ません。また、外来診療も行っておりません。救急病院などからの重症患者さんの転送依頼を受けたり、救急隊からの重症、重篤患者の直接搬送依頼に応じたりする高次救急医療機関として、年間約600症例の三次救急患者さんを受け入れております。当センターは大学病院に併設する救命救急センターであり、救急医学科医師を中心として救急患者さんの初期治療や手術、集中治療室での治療に当たりますが、院内各科との連携のもとに、各種の高度な医療機器を駆使して専門的な治療を行うことも可能であります。
 また、次々と発生する救急事案に対応するためには、一般の病院とは異なり、常にベッドを空けて収容される患者さんに備えることも必要であります。そのために、入院診療は患者さんの病状本位であり、病状が落ち着かれた方から順次、ベッドを空けていただいて重症患者さんの搬入に備えることになります。入院患者さんも怪我や病気が軽快して自宅へ退院できるまで入院していただくことは出来ません。症状が軽快されれば、ご自宅の近隣の病院などに転院していただかなければ成らないのも救命救急センターの特色です。

スタッフ

 氏 名    職名 専門分野  認定資格
中森 靖 教授 外傷外科、IVR、災害医学 日本救急医学会専門医、救急指導医
齊藤 福樹  講師 外傷整形外科 日本救急医学会専門医
早川 航一 助教 頭部外傷、脳卒中 日本救急医学会専門医
和田 大樹 助教 腹部外科 日本DMAT隊員 
岩村 拡 助教 消化器内視鏡 日本救急医学会専門医

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時30分~午後3時30分
土曜日:午前9時30分~午前11時