新着情報

本院における新型コロナウイルス感染者の発生について

 1月14日(木)、当院入院中の患者さん1名が新型コロナウイルスに感染している事例が発生いたしました。
 この事例を受け、当該病棟の患者さん、病棟スタッフ及び担当診療科医師全員にPCR検査を実施いたしました結果、さらに患者さん4名と職員7名の感染が確認されました。
 当院といたしましては、すでに当該病棟の新規入院の受入れを一時制限するとともに当該病棟の消毒を行うなど感染拡大防止対策を講じており、その他部門に感染が拡大していないことを確認の上、通常通り入院・外来診療を継続しています。
 皆様にはご心配をおかけいたしますが、感染拡大防止に全力で努め、安心・安全な医療を提供できるよう、職員が一丸となり取り組んでおります。
 

関西医科大学総合医療センター

病院長 杉浦 哲朗