関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
特殊外来の紹介

関西医科大学附属滝井病院小児科(発達支援外来)

診療・評価・療育事業について

関西医科大学附属滝井病院では、2010年4月から新たに北館5階小児科発達支援外来にて、発達障害児の発達と心理の評価ならびに療育を行います。幼児から学齢期の子どもの発達の特性を評価し、子どもの特性にあわせた対応を小児科医やコメディカル・スタッフが指導します。
この事業は自費診療、完全予約制になります。発達支援外来で自費診療を受けた同じ日に、滝井病院で保険診療を受けることはできません。
また療育、デイケア事業、保護者向け講座は、当院で発達評価・診断を行った方を優先します。

診療までの流れ

1.発達支援外来での発達評価・診断と療育を希望される場合は、まず関西医大附属滝井病院小児科外来を受診していただきます(保険診療)。必要に応じて脳波検査やMRIなどの検査を行い、発達障害以外の疾患の有無を調べた後に、発達支援外来(自費診療のみ)の初診を予約します。

2.遠方から受診される方や短期間での評価が難しく、詳しい行動観察を必要な場合には、滝井病院入院による発達の評価と行動観察とを行います(5日間~2週間、保険診療、少人数完全予約制、年間2回の予定)。
尚、遠方から受診されるために宿泊を希望される場合は、当院患者家族向けの宿泊施設をご紹介することも可能です。詳しくは当院患者相談室にご相談下さい。

事業内容

1.面接・検査

A. 発達評価・診断
初回面接、発達検査、検査結果の説明の3回が1セットになります。
「学校で発達障害ではないかといわれた」、「発達面で他の子とは違っているのが気になる」、「乳幼児健診で医療機関受診をすすめられたが、近くに専門機関がない」といった場合に、発達特性を評価し、特性にあわせた対応方法を指導します。

B. 初回発達診断後の定期検査
A.の発達評価・診断を行った後に、当院で引き続きフォローを希望される場合、発達検査と結果説明の2回を1セットとして定期検査を実施します。
就学前では半年~2年に1回、就学後は1~3年に1回を目安とします。

C. 追加の発達・心理検査
必要に応じて、初回の発達診断とは別の種類の発達・心理検査を行う場合があります。

D. 発達障害児の就学前評価
「何か他の子と違う」、「落ち着きがなくて先生の話が聞けないのでは?」など気になる点がある場合に就学前評価を行い、保護者と学校関係者が子どもの特性を理解してスムーズに小学校の集団に入れるよう、アドバイスします。

2.診察・指導・療育

E. 医師の診察、面談
主に就学前児童の日常生活での対応を小児科医がアドバイスします。
投薬が必要な場合や、発達障害以外の疾患の診療は、自費診療とは別の日に、小児科外来で行います。

F. 作業療法士による療育
作業療法士による個別、集団の療育を行います。

G. 学校、幼稚園・保育園関係など保護者以外の方へのご説明
発達評価にもとづいた集団活動や学習支援のあり方について、学校や幼稚園・保育園関係者に対して専門的立場からのアドバイスを行います(保護者の同意が必要です)。保護者が同席される場合は、上記E.の診察、面談になります。

3.デイケア事業

就学前、小学校低学年、高学年のグループでデイケア事業を行います。
就学前児童では、学校に入る前に身に付けておきたい集団でのルール、小学校低学年では集団でのルールと学習支援、小学校高学年ではソーシャルスキルと学習支援を主なテーマとします。
開催の詳細は決定次第、ホームページで紹介します。参加希望者は募集要項に沿ってお申し込み下さい(定員制)。

4.保護者、教員向け講座

「発達障害って何?」、「どんな対応をしたらよいの?」、「検査からわかるのはどんなこと?」といった発達障害児を支援する上で必要な基礎知識について、わかりやすくご説明します。全3~6回を1クール、1回の定員は5~20人です。回数と定員はテーマごとに異なります。
開催の詳細は決定次第、ホームページで紹介します。参加希望者は募集要項に沿ってお申し込み下さい(定員制)。

このページのトップへ

費用の概要

検査の費用は、年齢や発達の問題の種類によって異なります。年少児のお子さんにできる検査は限られているので、就学前のお子さんの検査費用は低くなります。しかし学齢期のお子さんでも限られた検査しかできない場合もありますので、お子さんと面接した上で、検査内容を決定します。
療育や講座の費用も、内容や資料により異なります。また今後、事業の充実や消費税の変更に際して、費用の一部を変更する場合もございます。
詳しくはホームページならびに各事業の案内をご覧下さい。

費用(消費税込)

1.面接・検査

A. 発達評価・診断(初診、発達検査、結果説明の3回セット):¥31,500~52,500
B. 初回発達診断後の定期検査(発達検査、結果説明の2回セット):¥12,600~21,000
C. 追加の発達・心理検査: ¥ 3,150~10,500
D. 発達障害児の就学前評価:¥15,750~21,000

2.診察・指導・療育(1単位25分間)

E.医師の診察、面談:  ¥ 5,250
F.作業療法士による療育:  ¥ 3,150
G.学校、幼稚園・保育園関係など保護者以外の方へのご説明: ¥ 7,350

3.デイケア事業(1単位 約2時間)

午前もしくは午後 1日/週 定員5人 ¥ 3,150~ 5,250

4.保護者、教員向け講座(1単位 約2時間)

午後~夕刻の2時間 不定期 ¥ 3,150~ 5,250

5.発達障害児のペアレントトレーニング(1単位 約2時間)

月1回 6回1クール 定員5~10人 ¥3,150~ 5,250

6.書類

A. 診断書Ⅰ:複雑なもの ¥ 5,250
B. 診断書Ⅱ:診断名のみの簡単なもの ¥ 2,100
C. 意見書、報告書Ⅰ:詳細な内容を含むもの ¥10,500
D. 意見書、報告書Ⅱ:診断断のみの簡単なもの  ¥ 3,150
E. 発達障害や生活指導等の説明資料Ⅰ:詳細なもの    ¥ 1,050
F. 発達障害や生活指導等の説明資料Ⅱ:簡単なもの    ¥ 525

このページのトップへ

お問い合わせ

*問い合わせ方法は、以下でご確認ください。
  関西医科大学附属滝井病院ホームページ:http://www.kmu.ac.jp/takii/
  関西医科大学小児科学講座ホームページ:http://www3.kmu.ac.jp/pediat/

*事業に関する新着ニュースはこちらをご覧下さい。
  http://ameblo.jp/hattatsu-sien85/

このページのトップへ

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時