関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
特殊外来の紹介

尿路結石症と新しい治療

尿路結石症と新しい治療

腎泌尿器外科・助教
井上 貴昭

 尿路(腎臓・尿管)結石症は腎泌尿器外科診療の中でも最も頻度の高い疾患の一つであり、しかも再発率が非常に高い疾患です。また救急疾患としても頻度が高く、若年者から高齢者まで幅広く羅患する可能性があります。一生のうちに一度は尿路結石に羅患する確率は、男性では7人に一人、女性では15人に一人と10年前に比べ約60%も増加しています。また近年、その成因として生活習慣病・メタポリックシンドロームとの関連性も指摘されています。一方、尿路結石症は再発しやすい疾患であり、腎結石においてその再発率は治療後3年間で30%、5年間で45%とも言われています。腎結石の再発を繰り返すことによる腎機能障害のみならず、結石除去術による合併症も看過できません。さらにESWL(体外衝撃波尿路結石砕石術)時代になって再発率は上昇傾向にあることも指摘されています。
 尿路結石の中でも、腎結石は無症状な場合が多く、小さく(<5mm)、症状がなければ経過観察されることが多いようです。しかし約4年の経過で約40%増大するとの報告もあり、無症状のままで放置されると症状が出現する頃にはかなり大きくなっていることも稀ではありません。また尿管に落ちた結石に対する治療を施行しても、腎臓に残った結石に対する治療はなされず、そのまま経過観察されることも多く、患者さんにとっては再び訪れるかもしれない症状(突然の腰背部痛、血尿、嘔気など)に不安を持ったまま生活を送ることとなります。
 近年、そのような腎結石を含めた全ての尿路に対する治療を可能にする手術方法である軟性尿管鏡を用いた経尿道的尿路結石砕石術(f-TUL)が注目を浴びてきています。この軟性尿管鏡とさらに細いレーザーファイバーを用いることにより患者さん自身、また腎臓に対しても負担が少なく尿管結石、さらに同時に腎結石も治療ができるようになりました。当施設では、このf-TULを昨年から導入し、現在までに50人の尿管・腎結石の患者さんを治療しています。さらに当施設では全身麻酔でこの手術を施行し、患者さんが眠っている問に手術を終えるようにしています。

<相談先>
関西医科大学附属滝井病院・腎泌尿器外科受付 (06)6993-9548(直通)

<担当医師>
井上 貴昭

このページのトップへ

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

開門時(午前7時30分)~午前11時30分

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]06-6992-1001 [外来予約センター]06-6993-9455
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午前9時~午後3時30分
土曜日:午前9時~午前11時