リエゾン精神医療について

リエゾン精神医療について

Liaisonとはフランス語で、西洋料理の仕上げに使う「つなぎ」を意味します。つなぎを加えることにより口当たりがなめらかになります。例えばバターなどの総称です。医療の面では、いろいろな診療科の医師と精神科の医師が協力して行う医療、患者の不安や苦悩、うつ状態を除くのが目的です。総合医療センターでは、リエゾン精神医学を積極的に導入しています。すなわち、精神科医が救命救急センターなどに配置され、その他診療科では要請があれば精神科医が介入しています。

デイケア室内の陶芸室の様子

=写真は、デイケア室内の陶芸室の様子

ページの先頭へ

閉じる