尿路結石と新しい治療

尿路結石と新しい治療

 尿路(腎臓・尿管)結石症は腎泌尿器外科診療の中でも最も頻度の高い疾患の一つであり、しかも再発率が非常に高い疾患です。若年者から高齢者まで幅広く羅患する可能性があります。一生のうちに一度は尿路結石に羅患する確率は、男性では7人に一人、女性では15人に一人と10年前に比べ約60%も増加しています。また近年、その成因として生活習慣病・メタポリックシンドロームとの関連性も指摘されています。腎結石の再発率は治療後3年間で30%、5年間で45%とも言われています。

  尿路結石の中でも、腎結石は無症状な場合が多く、小さく(<5mm)、症状がなければ経過観察されることが多いようです。しかし約4年の経過で約40%増大するとの報告もあり、無症状のままで放置されると症状が出現する頃にはかなり大きくなっていることも稀ではありません。また尿管に落ちた結石に対する治療を施行しても、腎臓に残った結石に対する治療はなされず、そのまま経過観察されることも多く、患者さんにとっては再び訪れるかもしれない症状(突然の腰背部痛、血尿、嘔気など)に不安を持ったまま生活を送ることとなります。

  近年、そのような腎結石を含めた全ての尿路に対する治療を可能にする手術方法である軟性尿管鏡を用いた経尿道的尿路結石砕石術(f-TUL)が注目を浴びてきています。この軟性尿管鏡とさらに細いレーザーファイバーを用いることにより患者さん自身、また腎臓に対しても負担が少なく尿管結石、さらに同時に腎結石も治療ができるようになりました。当院では、尿管・腎結石の患者さんを治療しています。さらに全身麻酔でこの手術を施行し、患者さんが眠っている問に手術を終えるようにしています。

ページの先頭へ

閉じる